昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文藝春秋 最新号

【文藝春秋 目次】日本再生、私の戦略 永守重信・竹中平蔵 ほか/ここまでわかった「コロナの新常識」/芸能人「自殺連鎖」の病理

2020年11月号

2020年10月10日 発売 / 定価960円(税込)

バックナンバー一覧へ

コロナ後の日本をどう立て直すか
日本再生、私の戦略

◎新政権ブレーン、菅総理への提言
東京を「政府直轄地」にせよ 竹中平蔵

◎コロナはチャンス。二〇三〇年に売上十兆円を達成する
<日本電産会長>自動車産業の「インテル」になる 永守重信

◎日本に必要なのは「新陳代謝」だ
「縦割り打破」はコロナ対策から 橋下 徹

◎野党共闘「政権再交代」に勝算あり
小沢一郎と共に菅政権を倒す 中村喜四郎​


菅官邸「今井派追放」と「二人の奉行」 森功

◎菅政権誕生を演出した“権力のブラックホール”
二階俊博「最後のキングメーカー」の研究 広野真嗣


◎木村花さん、三浦春馬さん、竹内結子さん……
芸能人「自殺連鎖」の病理 斎藤環
彼らを追い詰めるのはSNSか、コロナ禍か──令和日本の心の闇に迫る


コロナ禍で個人投資家はどう動くべきか
臆病者のための「資産防衛術」 橘玲

百万戸が被災 “最凶”台風が「東京」に上陸する 筆保弘徳


<どうなるアメリカ大統領選>
それでも私はトランプ再選を望む E・トッド

民主党バイデンとは何者か 佐々江賢一郎/三浦瑠麗/渡辺靖


正しく恐れれば、このウイルスは怖くない
ここまでわかった コロナの新常識

第二波の教訓 感染症に「強い社会」「弱い社会」 押谷仁

重症化を防ぐ「治療法」がわかってきた 忽那賢志

やり過ぎだらけの感染対策 新常識5カ条 堀成美

大学生の1割が「うつ状態」になっている 野村恭子

受け入れ病院の8割は大赤字だ 相澤孝夫

コロナに感染した「ウイルス学者」の悔恨 P・ピオット


宮城谷昌光×宮崎美子 <歴史小説の悦楽>「孔子と孔丘」

山口達也さん、一緒に依存症を克服しよう 高知東生


◎彼女の価値を日本人が一番わかっていない
大坂なおみが世界に「愛される理由」 及川彩子

三浦知良は永遠のサッカー少年である 北澤 豪


<吉本興業会長>最近のテレビ、何とかなれへん? 大﨑 洋

有働由美子のマイフェアパーソン 22
河瀨直美(映画監督)「五輪映画でコロナを描きたい」


◎「看取り」のない死に苦悶する家族──医療に何ができるのか
<現場ルポ>コロナ死 「さよなら」なき別れ 柳田邦男


令和の開拓者たち14 肥土伊知郎(醸造家) 増田晶文

<短期集中連載>英エコノミスト誌記者「イラン幽囚記」3 N・ぺルハム

<新連載>「ニッポンの社長」~地方からこの国を変える

第1回 大髙善興 (ヨークベニマル会長・福島県) 樽谷哲也


ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優


内モンゴルが危ない 古風堂々18 藤原正彦

大宅文庫の教え 阿川佐和子

父・渡部恒三 渡部恒雄

空を翔ける読書会 二井依里奈

腸内を整えて世界を幸せに 鈴木啓太

生理のこと 藤野可織

残念こそ俺のご馳走。 バッキー井上

留学の話 光浦靖子

失言の効用 日本人へ209 塩野七生


BOOK倶楽部

▶︎角田光代、角幡唯介、片山杜秀、本郷恵子

▶︎今月買った本 森絵都

▶︎著者は語る 

▶︎新書時評


▶︎赤坂太郎 ▶︎丸の内コンフィデンシャル ▶︎霞が関コンフィデンシャル ▶︎世界経済の革命児・大西康之 ▶︎日本語探偵・飯間浩明 ▶︎数字の科学・佐藤健太郎 ▶︎旬選ジャーナル(小川さやか・プチ鹿島) ▶︎From文藝春秋digital ▶︎オヤジとおふくろ ▶︎スターは楽し・芝山幹郎 ▶︎考えるパズル ▶︎三人の卓子 ▶︎詰将棋・詰碁 ▶︎マガジンラック ▶︎広告情報館 ▶︎蓋棺録 ▶︎目・耳・口


新世界地政学111 船橋洋一

<新連載>からだの美3 小川洋子

後列のひと22 清武英利

日本の地下水脈5 保阪正康

<新連載>ミス・サンシャイン2 吉田修一

李王家の縁談11 林真理子


グラビア

▶︎日本の顔(野中郁次郎) ▶︎同級生交歓 ▶︎中野京子の名画が語る西洋史99 (アンジェラスの鐘) ▶︎秋晴れの東京五輪開会式 ▶︎もう一人の家族165奈美悦子 ▶︎一城一食15(松本城)▶︎小さな大物(草刈民代)


短歌・永田和宏、俳句・柚木紀子、詩・銀色夏生

中吊り広告