昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 同時に公開された同曲のリリックビデオは、鈴木が構成を考え編集している。メンバーが多いのでまだあまり目立っていないが、音楽やダンスのセンスは抜群ですし、ファッションも独自の世界観がある。関係者間での評価は高いですよ」(同前)

 このコロナ禍では、ライブが思うようにできずパフォーマーとして歯がゆい思いを抱えているだろう。しかし、鈴木のステイホーム時間は充実してもいるようだ。

鈴木昂秀(本人のインスタグラムより)

「ちょっと意外かもしれませんが、昂秀はとにかくゲームとかアニメが好きなんです。『寝る前には必ずアニメを観る』と言っていたこともあります。ゲームも相当好きで、ドラクエはかなりやり込んでいますよ。最近は銃で撃ち合ってチャンピオンを決めるゲーム『Apex Legends』にハマっていて、オンライン上でメンバーとプレイすることもあるそうです。THE RAMPAGEは人数が多いのである程度決まったメンバーと遊ぶことが多いようですが、メンバー同士の仲は良いですよ」(鈴木の友人)

 そうして鈴木が過ごしているのが、冒頭に登場した自宅マンションだ。部屋は1LDK、もしくは2LDKで、コンクリート打ちっぱなしの外壁に大きい窓が印象的な、いわゆるデザイナーズマンションだ。ここへA子さんも頻繁に通っているのだという。A子さんの友人が明かす。

松下奈緒似で芸能人オーラを持つA子さん

「A子は都内のカフェで働いています。ただ、コロナの影響もあるのか、最近はカフェへ出勤する回数は少なく、『家に引き籠っている』と話していました。A子は女優の松下奈緒さんに似た美人で、小柄ですがスタイルがとにかく良い。腰にかかるくらいのロングヘアなのですが、髪の毛がツヤツヤでとにかく綺麗。芸能人かな?と思うほどオーラがありますよ」

 取材班は鈴木が住むマンションを出入りするA子さんの姿をたびたび確認している。冒頭のシーンを目撃した10月18日にも、A子さんが20時過ぎに当該マンションから現れた。全身真っ黒の服装で、大きめのパーカーのフードをキャップの上から被っていた。

10月17日に鈴木の住むマンションへ向かうA子さん 撮影/細田忠 ©️文藝春秋

 A子さんはそのまま歩いて近くのスーパーへ向かい、豚肉や野菜を購入し再びマンションへと入っていった。そのわずか5分後、タイミングを合わせたかのようにLDH事務所の送迎車で鈴木が帰宅している。