昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

4種類のiPhone12、結局どれを買えば正解なのか? スマホ専門家が断言

5Gデビューする必要はある? キャリア店より8000円安く買う方法とは?

2020/10/30

どれを選んだらいいかわからない……

 初の5G対応となったiPhone 12シリーズが発売となった。「いま持っているiPhoneも長く使っているし、そろそろ買い換えようかな」と購入を検討している人も多いだろう。

 しかし、今回のiPhone 12シリーズは4種類も存在するなど「どれを選んだらいいかわからない」ということにもなりがちだ。

iPhone12は4種類。どの機種がベストバイなのか? ©AFLO

 だが、4種類と言っても、それぞれ立ち位置が異なっており、さほど迷うこともないようになっている。

 4種類の内訳は

・iPhone 12 (6.1インチ、背面カメラは2つ)
・iPhone 12 mini(5.4インチ、背面カメラは2つ)
・iPhone 12 Pro(6.1インチ、背面カメラは3つ)
・iPhone 12 Pro Max(6.7インチ、背面カメラは3つ)

 と言った具合だ。ここ最近、アップルでは「一般向け」と「アップルファン&プロ向け」というラインナップ構成にしている。つまり、前のめりでiPhone情報を集め、我先に買いたい人はiPhone 12 ProもしくはiPhone 12 Pro Maxが選択肢になる。

 一方で、「とりあえず、機能はそこそこでいいから、新しいiPhoneに買い替えたい」という程度の人であれば、一般向けのiPhone 12もしくはiPhone 12 miniで充分だ。

iPhone12(アップル提供)

 ちなみに、カメラは2つと3つの違いがあるが、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxには望遠レンズが搭載されている。また、LiDARスキャナという被写体に光を当てて、反射した時間で被写体との距離を測り、ピントを合わせる機能も備わっている。「夜間、ポートレート撮影したい」という特定のニーズを満たしたい人ならばiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを選べばいい。