昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私服もコスプレも、コロナ感染リスクは同じ」

 男性は満足そうだ。また、「鬼滅の刃」の主人公である「炭治郎」の仮装をした30代男性は、

「鬼滅の刃」の主人公炭次郎のコスプレをする男性。衣装はAmazonで購入したという ©文藝春秋

「渋谷にコスプレで来るかどうか迷ったのですが、私服で行くのも、コスプレで行くのも、コロナに感染するリスクは同じですから。でも、思ったより人はいませんね」

 と少し残念そうに答えた。毎年、渋谷のハロウィーンにやってくるという20代飲食店店員は「今回は去年の3分の1ぐらいの人の数」だという。しかし、それでも渋谷のセンター街には独特の熱気が漂っていた。

 こちらはマンガ「銀魂」の恰好をする男性2人に声をかけられているコスプレ女性。