昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/08

genre : ライフ

自宅がまるで“映画館”に!? おうちシアターを実現する家電3選

 映画は映像だけではなく、音も重要です。映画館でしか味わえなかったサウンドが自宅でも体験できる夢のような1台です。

自分だけのサウンド空間を楽しめる

ソニーウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」

 

ソニーウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」

オープン価格(実勢価格2万4880円)
https://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-WS1/

「SRS-WS1」は、首にのせることで、映画やライブ映像、ゲームを迫力のあるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー。首回りにスピーカーが配置されているため、小音量でもその場にいるかのような臨場感を味わえます。

 深夜に映画を観たいけれど、近所迷惑になる、子どもが寝ているので大きな音で出せないといったシーンでも気兼ねなく使えるのがポイント。

 

 左右のスピーカーにあるスリット構造と、音の方向性を整えるディフューザーの組み合わせにより、音を前後に拡げつつ立体的に響かせ、包まれるような感覚を実現。

 拡散する音の範囲が広いため、使う人の体格や装着時の姿勢によらず、ダイナミックな音声が楽しめます。

 また、左右それぞれのスピーカーには低音を増強する振動板「バッシブラジエーター」を搭載。

 映画のアクションシーンやライブコンサートのドラムやベースなど、低音に合わせて振動します。耳の近くで鳴る迫力のサウンドと振動が相まって、リアルな臨場感を体感できます。

 

 本体は約3時間のフル充電で約7時間の連続再生が可能。1つの送信機に対して2台まで接続ができ、家族や友人と一緒に楽しめます。

 家事をしながら動画を視聴したり、周囲を気にせずに音楽や映画を楽しめたりと、さまざまなシーンでサウンドを気軽に楽しめるので、1台あれば活躍すること間違いなしです。

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー