昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

目立ったのは外国人とYouTuber…渋谷ハロウィーンの“カオス”を物語る写真30選

2020/11/04

genre : ニュース, 社会

 コスプレした若者たちでスクランブル交差点やセンター街がお祭り騒ぎとなる渋谷のハロウィーン──。しかし、ここ数年は路上での飲酒、ゴミ放置、器物破損など多くのトラブルが発生し、渋谷区が神経をとがらせてきたのも事実。とくに今年はコロナ下でのハロウィーンだったのだ。屋外とはいえ、混雑や密集は当然ながら感染リスクを高める。

 そのため、渋谷区側は今回、若者に「ホームハロウィーン」を呼びかけ、街のあちこちに「感染者0 迷惑行為0」と書かれたフラッグを設置、路上には多数の警察官に加えて約100人の警備員を動員するなど、ハロウィーンによる混雑阻止に全力を挙げていた。

 しかし、結論からいえば、今年も渋谷ハロウィーンはカオスだった。午後7時ごろから駅前や交差点が多くの若者で大混雑し、早くもDJポリスの「立ち止まらないでください!」という怒号が飛び交う事態に。例年に比べるとコスプレ姿の若者はかなり少なかったが、仕事帰りの女性が「いつもの渋谷の週末より3~4倍は多い」と驚いていたほどだ。

 そんな10月31日夜の渋谷の様子を写真でレポートする。(全2回の2回目/前編から続く)

(写真・文=武馬怜子/清談社)

 ◆◆◆

ウイルスをイメージしたモンスターのコスプレ姿でポーズを決める男性
『風の谷のナウシカ』のコスプレをして満面の笑みを浮かべる男性
コロナ対策は万全のカイロ・レン(『スター・ウォーズ』のキャラクター)
これはコスプレなのかコロナ対策なのか? 防護服に身を包んだ外国人男性
女性に写真撮影を立て続けに頼まれていたバットマン。『ダークナイト ライジング』でバットマンは「マスクをつけろ」と注意していたが、自分はマスクをつけていない
「俺たちゲイカップルなんだ。こっちは元彼」と話す『モンスターハンター』のコスプレをする男性3人組
路上でメイクする女性は「まだ準備中なので、写真は少し待って」