昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

夫婦そろっての仕事依頼もほとんどなく…

 その後、國光氏は自身のブログに「この度、あきら。として生島企画室に所属する運びとなりました。宜しくお願い致します」(2019年6月10日付)と綴っている。

 小林は、妹の麻央さんを亡くした翌年の2018年7月24日、4歳年下の國光氏と結婚した。その後、8月3日に所属事務所だったセント・フォースとの契約を終了。ブログは続けるも、「メディアの仕事を離れる」と宣言し、芸能界を引退した状態になっていた。

 だが、1年も経たずに2019年4月には、民放バラエティー番組に出演。5月には夫婦共演を果たし、6月2日には「AbemaTV」で企画された「プチ結婚式」にも夫婦で出演していた。そして小林は、同じTBS出身である生島のもとで仕事を再開。夫もゴリ押しする形で「生島企画室入り」を実現させたわけだが、タレントあきら。へのオファーは皆無に等しかったという。

「本人たちが期待していた夫婦そろっての仕事依頼もほとんどなく、2人は不満を募らせていたようです。麻耶さんに関しては、担当マネージャーがよく代わっていましたし、最近は、社長である飯尾さん自ら彼女のマネージャーをやっていました。ただ、忙しい立場なので、現場に行けない日もある。そういう時は、國光氏が現場に付いて来ていましたね」(テレビ局関係者)

YouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」より

「夫婦そろって周りが見えなくなっているのでは」

 夫婦のラブラブぶりは、結婚当初から話題になっているが、スタートしたYouTube「コバヤシテレビ局」でのじゃれ合いは、常軌を逸した「2人だけの世界」に入っているようにも見え、ある芸能関係者は「夫婦そろって周りが見えなくなっているのでは」と指摘する。小林をTBSアナ時代から高く評価していたキー局元幹部も「今回の件は、とても残念に思います。こんなことがあると、他局も彼女を使いづらくなりますからね。そんなことは、彼女自身が良く分かっているはずなのに……」と心配している。