昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「脱がさないで」という女性に…俳優・新井浩文被告が法廷で明かした“性的武勇伝”《懲役4年の実刑判決 東京高裁》

2020/11/23

 自宅で出張マッサージ店の女性従業員に乱暴の上、無理やり性交したとして、強制性交罪に問われた元人気俳優・新井浩文被告(41)=本名パク・キョンべ=。11月17日、東京高裁での控訴審を終え、実刑判決を免れるのは厳しい情勢となっている。

 新井被告は強面にするどい眼光から、悪役など一癖ある役を怪演することで人気を集めてきた。出世作となった松田龍平とのW主演映画「青い春」では、不良高校生の暴力的な狂気を演じきって映画祭の最優秀新人賞なども獲得。大河ドラマなどにも出演し、人気俳優の地位を確立していた。

映画「百円の恋」舞台挨拶。左から脚本を書いた足立紳、新井浩文被告、安藤サクラ、武正晴監督

新井被告の法廷での一人称は「うち」

 個性的な演技同様、法廷でも一人称を「うち」と発言するなど、独特の感性をのぞかせている。

 2019年12月、一審の東京地裁で懲役5年の判決が下されたが、後に慰謝料300万円の支払いなど、被害女性との和解が成立したことから、控訴審で細田啓介裁判長は一審判決を破棄。懲役4年を言い渡した。

「被害女性と和解はしたものの、女性の処罰感情は冷めず、一審同様に執行猶予はつかなかった。新井被告は最低でも執行猶予を得るため、最高裁まで争う意向との見方もあるが、近年では性犯罪の厳罰化が進んでいることもあり、たった一度の過ちでも、実刑となることは珍しくない」(大手紙司法担当記者)

 「(性交は)被害者との同意があると思っていた」と無罪を主張し控訴した新井被告だが、今回は出廷しなかったため、被告不在で裁判は進んだ。

新井浩文被告 ©時事通信

 控訴審で細田裁判長は一審判決を破棄しているが、一審の判決については「合理的で支持できる」ともしている。

 一審判決などによると、新井被告は2018年7月1日午前3時半ごろ、友人との飲酒後に自宅で出張マッサージを利用し、被害女性を初めて指名。この店に性的サービスはないが、鼠径部など際どいところを触らせて興奮した新井被告が、女性が嫌がっているにも拘わらず、性的サービスの強要どころか無理やり性交までした、というのが事件の概要だ。

 一審公判では、新井被告と被害女性の生々しい証言から犯行状況が明らかになっている。事件概要を振り返ってみよう。