昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

「10代と比べては外見で選ばなくなりました。ビジュアル関係なくなってきました。内面がイケメンな人が好きです。顔もちょっとイケメンだったら(笑)。経験をいっぱい積んできた方がいいです」

中国語も話せるイケメン“ライダー俳優”

 だが、今回のニコルの意中のお相手は、イケメンの登竜門とも言われている「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞したこともあるイケメン俳優・稲葉友(27)だ。

11月14日、藤田の自宅マンションから出てジムへ寄った稲葉 撮影/細田忠 ©文藝春秋
稲葉友(「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日系)公式サイトより)

「稲葉さんは2014年から15年にかけて放送された『仮面ライダードライブ』(テレ朝系)に出演し、注目を浴びました。仮面ライダーのオーディションは何回も受けていて、本人にとっては念願の仕事だったようです。最近は早朝に放送している『テレビで中国語』(NHKEテレ)に生徒役で出演しています。中国語がどんどん上手くなっていて、知性派としての魅力も高まっています」(テレビ関係者)

 そんな2人の交際が始まったのはごく最近のことのようだ。

長く続いた“微妙な関係”がついに……

「元々は友達だったのですが、付き合うか付き合わないかという微妙な関係がダラダラと続き、結局数カ月前に交際に至ったようです。以前はふたりで飲みに行くこともあったようですが、交際してからは超厳戒態勢。会うのはニコルさんの家が多いようです。『絶対に周りにバレないようにしよう』とかなり極秘に交際していて、かなり近しい人にしか交際の事実を伝えていません」(2人を知る人物)

11月14日、藤田の自宅マンションを出てからジムへ寄り、自分の家に帰宅する稲葉 撮影/細田忠 ©文藝春秋

 取材班が2人の厳戒態勢の交際の様子を最初に目撃したのは、11月13日23時頃だった。

 この日、レギュラー出演しているラジオ番組の放送を終えた稲葉は、自宅付近の居酒屋で友人らと食事をしていた。食事を終え、一度自宅に帰った数分後、荷物を持って再び家から出てきた。そのまますぐにタクシーに乗り込み、まっすぐ向かったのがニコルの家だった。マンションの敷地内でタクシーを降りると、慣れた様子で鍵を使ってオートロックを開け、施設内へと入っていく。