昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

菅野智之に躊躇なく「喝!」

 打線の中心である坂本と同じく、投手陣の中心・菅野智之(31)にも張本氏は手厳しい。プロ野球新記録となる開幕13連勝を飾り、ダントツの最多勝を手にした菅野だが、現在メジャー移籍に向けてポスティングシステムの申請手続きを進めている。張本氏はこの動きに対して、躊躇なく「喝!」を浴びせる。

初戦を任せられた菅野智之だが、6回4失点と流れを引き寄せられなかった Ⓒ文藝春秋

「日本の野球には夢がないみたいじゃないか」

「メジャーなんか行かない方がいいわな。原は菅野の伯父さんだろ? その原が来年苦労するのがわかってて、それでもメジャーへ行くのか? 巨人で6億5000万円もらってんだろ。メジャーで10億円もらえるにしたって、どれだけお金が欲しいんだよ。もう十分なはずだよ。

 それじゃまるで、日本の野球には夢がないみたいじゃないか。行ったら『喝!』だよ。日本のファンが大事なんであって、向こうに行ったら将来指導者にもなれませんよ。ましてや今は伯父さんの原が監督をやってるんだから、助けてやらないと。

 メジャーは30球団もあって選手が足らないから誰でも欲しいだろうけど、今はアメリカの選手も日本の投手を研究してるから、行ってもせいぜい7、8勝。そんなもんよ。メジャーへ行ったら相当非難されると思いますよ。俺もメジャーへ行くのがいいなんて全然思わない。日本のファンのために、日本の青少年のために投げてもらいたいわな」

 2013年から、日本シリーズで巨人は9連敗中。とりわけ直近2年では、ソフトバンク相手に8連敗を喫している。「球界の盟主」の座を取り戻すことを、張本氏も1人のOBとして願っている。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事