昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「原と坂本は調子に乗ってる。菅野はメジャーへ行ってもせいぜい7、8勝」巨人OB・張本勲が喝! 《日本シリーズ屈辱の9連敗》

「屈辱だわな。俺も一応巨人OBの端くれだけども、球界の盟主と言われるチームが4連敗っていうのはちょっとがっかりしたわ。非常に恥ずかしい」

 日本シリーズで福岡ソフトバンクホークスに手も足も出ず、2年連続の4連敗を喫した読売ジャイアンツ。日本シリーズとしては2013年の最終戦から数えて9連敗、コロナ禍のシーズンを勝ち抜いたチーム同士の頂上決戦はいともあっけなく終わりを迎えた。「文春オンライン」特集班の取材に対して、巨人に「喝!」を入れるのは、3085安打という“日本プロ野球史上不滅の最多安打記録”を持つ張本勲氏(80)だ。

張本勲氏 Ⓒ文藝春秋

「私が監督なら絶対に飲まない」

 張本氏は巨人の体たらくを、「負けるべくして負けた」と突き放す。

「力の差ははっきりしていた。巨人は本拠地の東京ドームが使えずにビジターの球場(京セラドーム大阪)だった不利もあるにせよ、言い訳にはならんわな。それと原(辰徳監督・62)がなんでDH制(指名打者制度)を承諾したのか、私は疑問に思ってるんだよ。私が監督ならあんな提案は絶対に飲まない。セ・リーグとパ・リーグは戦略が全然違うじゃないか」

巨人の原辰徳監督 Ⓒ文藝春秋

 例年の日本シリーズは、セ・リーグ球団のホームで戦う時はDH制なし、パ・リーグ球団のホームで戦う時はDHありというルールで行われていた。しかし今年はソフトバンクの工藤公康監督(57)が、「通常のシーズンと比べて(投手の)負担が大きかったから」と全試合のDH制採用を提案し、それに原監督も「有利、不利は度外視」と賛同。35年ぶりに全試合でDH制が採用された、異例の日本シリーズとなったのだ。

関連記事