昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

宮迫&オリラジ・中田も

カンタ 最近だと宮迫さんとオリエンタルラジオの中田さん。

 あ、なんか番組やるんだよね。すごいお金かけてテレビみたいに収録したって。

カンタ あれも日本らしいお金のかけ方なのかもしれないですね。

 そっか! YouTubeで豪華なもの作ってやってるみたいな見せ方だ。

水溜りボンド そうですね

 早くそこゲストで行きたいんだよね。だけど吉本に止められるんだよ。

水溜りボンド ハハハハハ!

カンタ わかんないですよ、止めてないかもしれないですよ。

 ハハハ。そうですか。

前澤さんに教えてあげたい

カンタ もっともっと面白いことがYouTubeで起きていくのかなと。で、MrBeastさんは他にもすごいところがあって、企画力がすごい巧妙でちょっと悪そうな企画も最後みんな笑顔で終わってくんすよね。それで、最近の企画なんですけど、お金を配るっていうのをやってるんですよ。

トミー それは、ただ配ってるわけじゃないんですよ。

カンタ 笑える仕組みを作るのが上手だなと思ってて。街で出会った人に自分のクレジットカードを「なんでも奢ってあげるから自由に使っていいよ」って急に渡すんです。

 ほお……。

カンタ ただ渡すだけだったらお金ばらまいてるんで批判されそうじゃないですか。これのおもしろいのは「ただし、カードの上限を超えたら何も奢らないのでギリギリで買い物してください」って。

 あーなるほど。限度額はどのくらいか想像しながら使うんだ。

水溜りボンド そうなんですよ。

 そこのせめぎ合いがコンテンツになってるんだ。

「I Gave My Credit Card To Random People」を見る3人 ©️MBS

カンタ 人間が映るんすよね。

 なるほどね。あと人間をちゃんとこう掘りにいってるよね。

水溜りボンド そうなんすよ。

トミー お金を子供に渡すってなかなかできないコンテンツだったと思うんですけど、人が出る作品にすることでアリにしてるなあと。

 そうだよね。触れ合った人がみんなハッピーになって終わっていく。

カンタ すごい素敵な動画になるんですよね。こういうお金の配り方だったらいいかなって。

 たしかに……ちょっと前澤さんに教えてあげたいな、MrBeast。

水溜りボンド フフ。