昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私たちの卵巣、もうホルモンをつくる気がない!」野宮真貴60歳・松本孝美55歳・渡辺満里奈50歳と学ぶ“女性ホルモン砂漠”サバイブ術

『大人の女史会』にようこそ #1

 シンガーの野宮真貴さん、モデルの松本孝美さん、タレントの渡辺満里奈さんの5歳違いトリオが加齢や更年期を迎えても「美しく健やかに幸せ」でいるために、「一人で悩んでないで、みんなで解決!」をモットーに連載「『大人の女史会』にようこそ」を開始!

 前号で、野宮さんの女性ホルモンが減少して「砂漠化」、骨粗鬆症になった話で盛り上がったので、今回は松本さん、渡辺さんも、野宮さんかかりつけの「東峯婦人クリニック」で婦人科検診を受けることに。松峯寿美先生に診断していただきました。

 

◆ ◆ ◆

血液検査で3人とも女性ホルモンは砂漠状態

松峯 では結果発表。血液検査、乳房の検査をしましたが、みなさん異常なし。

一同 よかった~。

松峯 血液検査で3人とも女性ホルモンは砂漠状態です。

野宮 え、私以外も?

松峯 真貴さんは引き続き砂漠、孝美さんも砂漠。

松本 うー、砂漠~っ!

松峯 そして、満里奈さんも砂漠。女性ホルモンの数値が10以下ですからね。

渡辺 えっ!! 10以下? 先生、どこの項目を……。

松峯 ここを見るの。「エストラジオール」。これは、卵巣から分泌する女性ホルモン、エストロゲンの量。成熟女性の基準値は50~200pg/mlぐらいなんです。閉経前はみんなそのくらいあるの。

渡辺 私、全然少なっ!

全文は発売中の「週刊文春WOMAN」2021 創刊2周年記念号に掲載

卵巣がホルモンをつくる気がない

松峯 閉経に向かって下がっていくので、卵巣がホルモンをつくる気がもうない、や~めたってなると10以下になるのね。その10以下が「砂漠化」の一つのファクター。それからもう一つ、エストラジオールの上に、LHとFSHという項目があるでしょ? 孝美さんはいくつ?

松本 LH19.05、FSH55.53。

松峯 真貴さんは?

野宮 LH18.54、FSH71.52。

松峯 満里奈さんは?

渡辺 LH31.28、FSH70.20。これは多いですっ!

松峯 これ、ちゃんとホルモンが出ていると一桁なの。

一同 えーっ!!