昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『半沢直樹』江口のりこだけじゃない 岸井ゆきの、伊藤沙莉…“主演を喰う女優”の共通点

2020/12/29

白井大臣役「わ・か・り・ま・す・よ・ね?」でブレイク

 初回から一度も視聴率20%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)を下回ることなく、9月27日に放送された最終回視聴率は、32.7%を記録して“令和ドラマ1位”となった『半沢直樹』(第2シリーズ/TBS系)。

 そんな『半沢直樹』で国土交通大臣・白井亜希子役を演じ、蓮舫さんを彷彿させる「債権放棄じゃダメなんですか?」、滝川クリステルさんを彷彿させる「わ・か・り・ま・す・よ・ね?」などのセリフで、強烈なインパクトを残したのが江口のりこさんでした。

半沢直樹instagramより

 江口のりこさんのキャリアは長く、映画や舞台やドラマと様々な作品に出演されていましたので、『半沢直樹』以前からご存じだった方も多いでしょう。

 筆者が江口のりこさんを初めて知ったのは、2006年に放送されたドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)で、主演・オダギリジョーさんの同僚警察官を演じていたとき。表情が乏しいながらも淡々とツッコミを入れたり、仲間とユルい悪ノリに興じたりするシュールな女性警察官役で、独特の雰囲気があって良い味を出している役者さんだなという印象でした。

 ただ、大変失礼ながら、「江口のりこ」という名前をしっかり覚えたのは『半沢直樹』で話題になってから。とは言え、筆者と同じように江口のりこさんの顔はわかるけれど、名前までは覚えていなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 江口のりこさんだけでなく、岸井ゆきのさんや伊藤沙莉さんなど、最近、じわじわと売れてきて、お茶の間にその顔と名前を浸透させる女優さんが増えています。そこで今回は、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が、江口のりこさん、岸井ゆきのさん、伊藤沙莉さんの3人にどういった共通点があり、なぜ“じわじわ売れ”したのかを考察したいと思います。