昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/02

正反対なのによく似ている点

 空想の世界に遊び、そこから多くのモチーフを見出したルドン。大胆な描線と構図を操り、世俗から美を抽出したロートレック。

 ふたりのタイプは正反対だ。でも、ものごとの暗い面と明るい面、裏と表の双方をひとつの画面に見事に統一してしまうところは、よく似ている。また、人の内面に潜り込んでじっくりと観察をし、無意識にかたちを与えようとしている点も同じ。

 同時代を生きた表現者として、彼らはやはり共鳴している。

圧巻のルドン《グラン・ブーケ》

 出品数も充分で見応えありな今展。その白眉を挙げるとすれば、やはり《グラン・ブーケ》だ。三菱一号館美術館が所蔵する、ルドンの大作である。

オディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》1901年 三菱一号館美術館

 大画面のそこかしこに咲き誇る、色とりどりの花、花、花……。パステルによる色彩はとことん華やかなのに、どこか儚くもの哀しげな雰囲気も感じ取れる。裏側では闇を抱え呑み込んでもいるだろうことが伝わってきて、画面にいっそうの深みを与えている。

 新しい年には誰の内面にも、《グラン・ブーケ》のように大輪の花が咲き誇ることを願うばかり。画面の中の花々に心奪われるひとときを、ぜひ美術館で過ごしてみたい。

INFORMATION

1894 Visions  ルドン、ロートレック展
2021年1月17日まで
三菱一号館美術館

※2021年1月30日~3月14日には岐阜県美術館で開催

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー