昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「恋愛とかではないです」

——2人きりでマンションで会ったことはないですか?

「会ったことないですね。2人きりはないです」

——本当ですか?

「はい。まあ2人きりになった瞬間はあります。それこそ僕らが先に来ていて後から合流するってことはあるので、それはありますけど、僕と中澤は先輩後輩だったり、会社の関係はあるけど、そういう関係ではないです」

——ちなみにスニーカーを、ナイキのスニーカーを買ってもらったと思うんですけど。

「ナイキのスニーカーをもらいました、誕生日プレゼントで。ナイキのスニーカーとかも普通に僕が中澤にプレゼントをあげていたので、そのお返しに貰っただけなのでそういう恋愛とかではないです」

——中澤さんの誕生日のときもお会いになっていなかったですか?

「中澤の誕生日の時もそれこそ会いましたね。でもそれでいうと別に僕の社員の他の子も僕の家で誕生日祝いしているので、別に中澤に限った話ではないです。それこそ取締役の子を一緒に祝ってますし、別の10月に入った子の誕生日とかも祝っているので……」

11月28日、誕生日の中澤のツイッター「22歳になりました。全世界全人類全生命体に感謝。」
12月4日、中澤莉佳子のツイッター

《皆様には温かく見守ってもらえたらと思います》

 松丸は交際について否定した。だが、この直撃の後、松丸が関係者に連絡をとり、「否定するしかなかった」と打ち明けたことを取材班は掴んでいる。2人を知る関係者が解説する。

「松丸さんの人気を支えているのは主婦層をはじめ圧倒的に女性ファンが多い。交際報道によってファンが離れていくことを松丸さんは懸念したのでしょう。東大生アイドルとして売り出し中の中澤さんへの配慮もあったはずです」

12月25日、直撃に答える松丸亮吾 撮影・細尾直人 ©️文藝春秋

 後日、松丸と中澤の共通のマネジャーに事実確認を求めたところ、こう回答した。

《よき先輩、後輩と聞いております。松丸も中澤もどちらもとても素晴らしい子達なので今後ご縁あるかもしれないし、よき仲間である事には違いないので、今後の動向は本人に任せておりますし、皆様には温かく見守ってもらえたらと思います》

 東大生同士、“超高偏差値カップル”の誕生。2021年には2人のテレビでの共演は見られるのか?

 12月29日(火)21時放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本記事についてウラ話もまじえて解説します。

この記事の写真(9枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー