昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中日ドラゴンズ「どうでもいいニュース」2020冬

文春野球コラム ウィンターリーグ2021

2021/01/15

いつまでもドラゴンズで見ていたい夫婦漫才

(5)福敬登、奥さんからニットキャップを借りる

 東海ラジオ「ドラゴンズステーション」出演を翌日に控えた福敬登。その日に出演していた山本拓実が「福さんは私服オシャレ」と喋り出し、その発言を知った福は「俺は私服3パターンくらいしかないぞ」と大慌て。後輩に恥をかかせないよう、翌朝ラジオ出演前にABCマートに寄ってブーツを買い、なんとか「オシャレ」に見せようと思ったが、何かが足りない。そこで奥様のニットキャップも借りてラジオ局へと向かったそうです。オフシーズンも“火消し”にフル回転の左腕でございました。

(4)ドアラ、久本祐一打撃投手を雑に見送る

 今季から広島東洋カープの打撃投手になる久本祐一打撃投手に、ドアラがインスタに「久本おつかれさん またドアラキャップできたら買ってください」と雑な見送りメッセージを投稿しました。久本さん、新天地でもご活躍お祈りしております!

(3)アリエル・マルティネス、身重の妻カミーラと打撃練習

 オフにキューバで式を挙げたアリエル・マルティネスと現在妊娠中のカミーラ。しかし身重の身体にも関わらず、アリエルの打撃練習で一心不乱に置きティーにボールをセットし続け、公私共に最高のパートナーであることを改めて世に知らしめました。アリエルがその模様を「俺の最高のコーチ」とインスタに投稿すれば、それを受けたカミーラも「そう、それは私」とシェアして応戦。この2人の夫婦漫才、いつまでもドラゴンズで見ていたいものです。

(2)祖父江大輔、トライアウト目前の伊藤準規とカフェ巡り

 昨年末、12球団合同トライアウトを目前に控えた伊藤準規は、祖父江大輔と名古屋市内でカフェをハシゴ。きっと祖父江と投球談義に勤しんでいたのでしょう。残念ながら昨季限りで伊藤準規投手は現役を退きましたが、なんとそれを機に祖父江大輔後援会広報&専属マネージャーになることが決定。この2人の夫婦漫才もまだまだ見られそうです。

(1)吉見一起、「バンテリンドーム」を連呼

 2020年最大のニュースでしょう。2021年より興和がナゴヤドームの命名権を獲得し、名称がバンテリンドームナゴヤとなることが発表されました。その直後、引退したばかりの吉見一起がCBCラジオ「スポ音」に出演。「バンテリンドームは投げやすかった」「バンテリンドームの広さは」など、バンテリンドームでは投げたこともないのに次シーズンからの正式名称を連呼していました。引退しても周りに気を使い続ける偉大な元エースに応えるためにも、チームに残った選手たちには「優勝」という結果をもってバンテリンドームに詰めかけた僕らをジーンとしびれさせてもらいましょう!!

吉見一起 ©カルロス矢吹

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/42874 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー