昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/20

果たして少年隊再結成はあるのか

 予期せぬトラブルに見舞われながらも、少年隊の面々は泰然としているようにみえる。

 植草はジャニーズの公式サイトで「みなさんに気持ちが届いた、そんなベスト盤になったんじゃないか」と、東山は「僕らの青春を是非、楽しんでいただきたい」とコメント。受注盤のブックレットでは音楽ユニット、ノーナ・リーヴスのメンバーで、錦織と親交のある西寺郷太(47)が聞き手を務めて、3人が収録曲に対する思いを語っている。

「最後までプロフェッショナルな仕事をしようという少年隊ならではですよね。ジャニーズ事務所は嵐の活動休止でいっぱいいっぱいでしたが、少年隊は自分たちで有終の美を飾りました。錦織、植草は金銭的な待遇の面でジャニーズ事務所に不満はあったでしょうが、事務所に残る東山に対しては敬愛の念を持っています」(女性誌編集者)

ジャニーズ事務所に残留する東山紀之 ©文藝春秋

 アルバムとDVDのこの売り上げは、少年隊の今後にどんな影響を及ぼすだろうか。

「これだけのコアファンの存在は、少年隊再結成のいい布石になるでしょうね。例えば東山のディナーショーに錦織と植草がゲストとして出演して一緒に歌うとか。近藤真彦が不倫問題で謹慎を余儀なくされている中で、藤島ジュリー景子社長、滝沢秀明副社長共に東山に頼るところは大きい。すぐにとは言いませんが、東山が決断すれば可能でしょう。派手なバク転はもうできないでしょうが、『君だけに』をしっとりと歌い上げてほしいですね」(前出・テレビ関係者)

 名前とは裏腹に、本物の“大人ジャニーズ”を見せられるグループ。少年隊が3人揃う日はいつになるのだろうか。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー