昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女性はマスクNG。胸の谷間にチップを挟んで…」コロナでバブル状態の秋葉原メイドカフェを現地取材《客も女性も殺到》

 1月15日、首都圏の1都3県を対象に出された2度目の緊急事態宣言から1週間が経つなか、メイドカフェに代表される秋葉原の“コンセプトカフェ(通称コンカフェ)”は、20時以降も大いに賑わっていた。

「時短要請に応じた“行儀の良い店”ほど、バカを見るんです」

 そう話すのは、秋葉原にあるコンカフェのオーナーだ。

緊急事態宣言下、1月8日の秋葉原 Ⓒ文藝春秋

「6万円ぽっちで閉めてたら大損ですよ」

「去年の4月に出た1度目の緊急事態宣言の時、秋葉原のコンカフェのほとんどは1カ月休業したのですが、一方で普段通りに営業していた店舗がとにかく大盛況で、1カ月の売り上げが1.5倍ほどに伸びていた。僕の店も6月に営業を再開したらお客さんがすごくて、月間売り上げ800万円という史上最高記録を達成。7月以降もその数字は落ちず、毎月同じくらいの売り上げが出るようになりました。他の店も軒並み景気が良いみたいで、月の売り上げが2000万円を超えたとか、2倍になったとかそういう話で持ち切りです。

 2回目の緊急事態宣言でお客さんは確かに減りましたが、深夜まで営業してますし、休日は満席になります。今回はほとんどの店がオープンしているので“緊急事態”という雰囲気はありません。こんな大チャンスに、協力金6万円ぽっちで閉めてたら大損ですよ」

 外出を控える人が増え、2020年は飲食店の倒産が史上最多の780件に到達した。そんな中で、なぜ秋葉原のコンカフェだけが売り上げを伸ばしたのか。

緊急事態宣言下、1月8日の秋葉原 Ⓒ文藝春秋

「これまでコンカフェのお客さんは、“コンカフェオタク”ばかりでした。それが緊急事態宣言で銀座や新橋のガールズバーが次々と店を閉めた。それが功を奏して、『女の子と楽しく飲みたい』というサラリーマンがわざわざ秋葉原まで来てくれることが増えたんです。

 他にも、地下アイドルの追っかけをしていたようなアイドルオタク層が増えました。地下アイドルのライブなんかも軒並み中止ですからね。『会って話せるかわいい女の子』という意味ではコンカフェと地下アイドルは同じです。もともとここ数年の秋葉原は“オタクの街”というより“夜の街”になっていましたが、コロナでそれが加速した印象があります。メイド服はメイド服でも、最近の衣装は胸元の露出が激しい店舗が増えて、ほぼ風俗街になりつつあります」(同前)