昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

ショックを受けた今泉は発覚翌日、病院に

 ワタナベマホトが女子高生に対してわいせつ画像の要求をしていたのは、前述の通り昨年11月から今年1月までの約3カ月間。すでに今泉の妊娠がわかった後だ。この事実に、今泉はかなりショックを受けているという。

「今泉は、今回明らかになったトラブルについて、動画で公になるまで全く知らなかったそうです。ショックを受けて体調を崩してしまい、発覚した翌日に病院に足を運んでいます。夫となるマホトは契約解除されて職も失うことになった。夏に産まれてくる子供もお腹の中にいることから『これからどうしよう……』と将来に対する不安も漏らしている。軽度のパニック状態になっていて、今は女性スタッフが付きっ切りで精神的にショックを受けている彼女をフォローしています」(事務所関係者)

「文春オンライン」の取材に答える今泉(2019年) ©文藝春秋

マホトは「離婚も考えています」と語ったが……

 ワタナベマホトは、少女との関係が表沙汰になった後の1月22日、少女に対して謝罪の言葉とともに「引退する」「離婚も考えている」とのメッセージを送っていたことが、「コレコレ」の動画で伝えられている。2人の今後について、関係者が続ける。

「彼は周囲に『新しい仕事を頑張る』と話しているそうですが、前途多難でしょう。YouTuberの後輩たちから“面倒見のいい先輩”として慕われていた一面もあるので、彼らに期待しているのかもしれませんが、いまは後輩からもマホトに厳しい意見が相次いでいます。

ワタナベマホト公式Twitterより

 マホトが起こした過去の事件もあり、妊娠が発覚してすぐこそ周囲から不安の声も漏れてはいましたが、子を授かったことで両家のあいだで『しっかりと責任を持って育てよう』という話でまとまっていました。ところが、今回の件が明るみになり本人や親族関係者たちは困惑しています。さらに今回、マホトの口から“離婚”という言葉も出ました。実際、入籍はまだですが、それでも今のところ、今泉自身は『彼と別れる気はまったくないし、元気な赤ちゃんを産みたい』と話しています。2人は関係を立て直そうという意思があるようです」

 幸せの結婚発表から一夜にして、破局危機にまで発展した異例の展開。まずは、被害少女への真摯な対応が求められるだろう。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(18枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー