昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

都内で、温泉地で…「いつか行きたい」ワーケーションにおすすめの宿、全国7選

2021/04/23

 一年以上つづくコロナ禍の中で、各地の名宿が廃業寸前に追い込まれています。そこで温泉ジャーナリストの山崎まゆみさんがいま提案するのは、近場の宿でのワーケーション。「いつか再び、誰もが訪れられるように、近くの宿を助けていただけたら」(山崎さん)。全国の温泉宿、温泉地のきわだったコロナ対策とともに、ワーケーションにおすすめの宿をご紹介します。

※記事内の情報は2020年12月時点のものです。

コロナ対策で温泉地や旅館を選ぶなら

 温泉旅行を計画する際、いま最も気になるのはコロナ感染防止対策だろう。

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会等の業界団体は「コロナ感染防止対策のガイドライン」を示しているが、これに準じつつ、各宿は独自の個性を発揮しはじめている。

※この写真はイメージです ©iStock.com

 私自身がコロナ禍に訪れた中で印象に残っているのは、神奈川県箱根に9つの温泉旅館を持つ一の湯グループ。徹底したコロナ対策をまとめた「一の湯クリンリネスポリシー」という1分間の動画を見て安心感を抱き、6月末にススキの原一の湯を訪ねた。

 ナイロンカーテンが設置されたチェックインカウンター越しに、フェイスガードとマスクをしたスタッフが出迎えてくれ、滞在中の注意事項が書かれた紙を渡される。夕食時の席の配置も、スタッフの対応も十分な配慮がなされていた。

 業界大手の星野リゾートがコロナ対策を打ち出したのは、宿泊業の中ではおそらく最も早い3月半ば。その後も矢継ぎ早に対策を追加し、5月半ばには「最高水準のコロナ対策宣言」を発表した。最大の注目点は「大浴場の混雑状況がわかるアプリ」を独自に開発したことだろう。

自分たちで学びながらガイドラインを作成

 温泉地全体でコロナ対策に取り組んでいるのは、兵庫県城崎温泉。4月の緊急事態宣言で日本の旅館の約9割が休館している最中から検討を重ねたのだという。

「旅館や飲食、物販の組合長が集まり、感染症専門医を囲んで話し合いを重ねました。自分たちで学びながら作ったガイドラインですので、完成した時点でその意味を深く理解していました。他人が作ったガイドラインを守るのとは違います」

 こう胸を張るのは、城崎温泉観光協会会長・高宮浩之さん。温泉街を歩くと、緑で縁取りされた「城崎温泉の新型コロナ対策」というポスターが目に付くが、その内容には細かな気遣いがきいている。