昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/13

――こうしたコレクションにはネット上でコミュニティのようなものがあったりするのでしょうか?

加藤 ありますね。なかでも昔からのコミュニティがあるのはmixiです。「チロルチョコ」好きのコミュニティがあって、包み紙を交換しあうなどして、今や10年以上の歴史があります。ここやSNSで「どこそこのイオンで限定の『チロルチョコ』見つけました!」みたいな情報交換をしています。個人的にはSNSをよく活用しますね。

たった1枚のために100個以上買い集めることも

――なるほど、そういった情報交換ができるネットワークがあるんですね。収集活動のなかで一番苦労して入手した包み紙はどのようなものだったかも気になります。

加藤 「チロルチョコ〈アーモンド〉」という商品があるのですが、パッケージに映る“ジョージ”というキャラクターがピースサインをしている通称“ピースジョージ”というものが、本当に全然見つかりませんでした。噂では100枚に1枚と言われているんですが、僕は100枚どころじゃないぐらい買い集めましたが出て来ず……。10年弱くらい探し続け、5年前に初めて遭遇したんです。

10年越しに見つけたという、加藤さんの宿敵(?)こと“ピースジョージ”。

 あとは、ゲームセンターにある景品系ゲーム限定の、包み紙が半透明になっているシリーズがあるのですが、こればっかりは毎回ゲームにチャレンジせねばならず、 お金ををいくらつぎこんでも狙ったパッケージが手に入るとは限らず、相当大変です。しかも、これまではアレルギー表記なしだったのに、アレルギー表記が近年足されてしまったので、これも集めざるを得なくなり、本当にしんどいです……。

素人目には変化が分かりにくいが、「milk」の文字が半透明になっており、牛の周りに縁取りがあるのが特徴だそうだ。  

――ちなみに加藤さんが今一番欲しい包み紙は?

加藤 大きな金色の箱に入った「ビッグチロル〈ゴールド〉」という商品があって、それはオーソドックスな「チロルチョコ」が全部金バージョンになったものなんですが、そのミルクチョコの牛柄のチロルが1種類だけまだ集まっていないんです。コレクターの僕がこんなこと言うのもなんですが、「チロルチョコ〈ミルク〉」は本当に種類が多すぎるんですよ! もう少し抑えて欲しいくらいです(笑)。

箱に入っているので柄が買うまでわからず、加藤さんを苦しめている因縁の「ビッグチロル〈ゴールド〉」。