昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あわよくば性行為もできると思った」東京・中野区の公立中学校教師(43)が女子中学生を誘拐の疑い カカオトークで相手を物色、何度もホテルを替えた卑劣な手口

2021/02/08

genre : ニュース, 社会

 SNSを悪用して見ず知らずの少女をホテルに連れ込んだ男は、中学校の教師だった——。

 警視庁は2月2日、東京都中野区立南中野中学校で教鞭を執る船山恭宏容疑者(43)を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。「あわよくば性行為もできると思った」と動機を語っているという。

船山容疑者 TBS NEWSより

知り合ったきっかけは、無料通信アプリ「カカオトーク」

「買い物に出かけた娘が帰って来ない」

 2020年7月、都内に住む女子中学生Aさんの保護者から警視庁に行方不明届が出された。警察が防犯カメラの映像からAさんの足取りを追うと、たどり着いたのは葛飾区内のホテルだった。捜査員が室内に入ると、Aさんが1人でいたため、そのまま保護した。警察がさらにホテル周辺の防犯カメラも確認すると、自家用車でホテルを訪れていた船山容疑者が浮上した。

写真はイメージ ©iStock.com

 2人が知り合ったきっかけは、無料通信アプリ「カカオトーク」だ。船山容疑者は、「家出したい」というAさんの投稿に目を付け、「泊まる所のお金を出してあげるよ」と返信して、ホテルに誘い出していたのだ。