昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/03/02

source : ライフスタイル出版

genre : エンタメ, 読書, ライフスタイル

100万円払っても見つからない可能性も大きい

――200万円! ずいぶん高いんですね。

東村 名前と出身地だけが手がかりの人探しって、ドラマなんかではよくありますけど、実際にはやらないそうなんです。

「浮気調査みたいに相手の行動パターンがある程度わかっているならできるけれど、ゼロからの人探しは基本的にやらない」と言われて、「なんのための探偵なの!?」って言いそうになりましたよ。まあ向こうの言い分もわかるんですけどね。

「飛行機代もホテル代も、必要経費はすべて100万円の中でまかなうので、それ以上に経費はかかりません」と言われましたけど、100万円払っても見つからない可能性も大きいわけです。

 さすがに高すぎるのでやめましたが、30万円くらい出せば簡単に見つかると思っていたので、甘くないんだなって、しみじみと思いました。

 

「私のことを憶えていますか」って、意外に勇気がいる質問

――残念でしたね……。でも、もし会えていたら、漫画と同じように「私のことを憶えていますか」と聞いていたと思いますか?

東村 仮に35万円で探偵に頼んで再会できたら、開き直って聞いたと思います。3年生なので憶えているかどうか微妙なところですが、憶えていてくれたらそれでいいなと思うので。

 でも、「私のことを憶えていますか」って、意外に勇気がいる質問だと思うんです。どうでもいい相手だったらいくらでも聞けるんですけど、好きな人に聞くのってハードル高いと思うんですよね。

――それはなぜ?

東村 だって、もし昔好きだった異性から「憶えてない」なんて言われたら、立ち直れないくらい傷つきますよ。だからもし、宮崎の居酒屋とかで偶然こうちゃんに会えた時は、「私のことを憶えていますか」なんて聞けないかも。

「聞きたいけど聞けない」というテーマを込めて

――すごく簡単なことなのに、聞けそうで聞けない。そんな思いがタイトルにもなっているのですね。

東村 そうです。タイトルもいろいろ考えたんですけど、「好きな人になると、聞きたいけど聞けない」というテーマを込めて『私のことを憶えていますか』に決めました。

 事実確認をしているだけなので、最悪「憶えていない」と言われた時に、「聞いただけです」と逃げられるというのもいいですよね。これが「私のことをどう思っていましたか」だと、逃げられませんから(笑)。

後編へ続く)

私のことを憶えていますか 3

東村アキコ

文藝春秋

2021年4月7日 発売

 

取材、構成=相澤洋美
写真=松本輝一/文藝春秋
ヘアメイク=後藤るみ
スタイリスト=藤原わこ

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

ライフスタイル出版をフォロー