昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/03/05

「精神的な限界を感じて、寝ちゃいました」

「首を落として、血を抜いて、そのあと肩を落として、手首、肘をバラして、もう片方の肩を落として、手首、肘とバラして……。足に取りかかる前に、精神的な限界を感じて、寝ちゃいました」

「……眠れたの?」

「寝れました。倒れるように寝てました。それで朝に起きて、腐臭を少しでも防ぐために、早くしないと、と思って浴室に行って、『うわーーーっ』となったんですけど……」

 この驚愕の気持ちを口にするとき、白石は肩を落とし、大きく息を吐いた。

「前の日、浴槽に水を張って、大量の入浴剤を入れて、そこに全部浮かべてたんですね。でも、昨日よりも臭いがひどくなった気がして……。だけどこのままやらないと、もっとひどくなると思って……」

移送中の白石隆浩死刑囚 ©️文藝春秋

 続いて実行した手順をふたたび説明する。

「胴体を浴槽から出して、足首、膝、太ももの付け根の順で切っていきました。今日中にやらないと、と思って、取りかかりました」

 そう話す白石は両腕を胸の前で組み、目を瞑っている。

「で、大きい部分をバラして、関節ごとのバラしが終わったら、皮を切ったり、骨から肉を外す作業をやったんです」

 正直、耳にしていて嫌悪感を覚える内容だ。だが私は聞く。

「やっぱり、忘れられない状況だった?」

「いやあ、よく憶えてますね。いま思えば、臭いとか、(殺害、解体した)9人が9人とも、全部違うんですよ。最初のとき、すごい臭いがすると思ってましたけど、他の人をバラしてみて、あれは全然臭くなかったんだって気付きました」

おぞましい解体を振り返った直後に発した一言は…

 そこで刑務官から、面会の残り時間が5分だと知らされた。

「じゃあ、今日は事件の話はここまでで……」

 そう制して、次回の面会日を打ち合わせている私に、白石は切り出す。

「あ、小野さん、次回の差し入れ、やっぱり深キョンじゃなくて、前回のとは違う橋本環奈のやつ(写真集)でもいいですか? 深キョンはその次ってことで……」

 私は頷き、それを粛々とメモに書き留める。

 おぞましい解体の内容を振り返った直後に、こうした己の欲求をすぐに口にできる。そこにこそ彼の本質が表れているのではないか。胸の内にはそう書き残した。

【前編を読む】《獄中面会》「自分にとって都合のいい相手でした」白石死刑囚が明かす一人目の女性を殺めた“身勝手な理由”

冷酷 座間9人殺害事件 (幻冬舎単行本)

小野一光

幻冬舎

2021年2月23日 発売

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー