昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「命が助かるだけではダメなんです」ほんの少しの遅れがその後の人生を大きく変える

『アンメット―ある脳外科医の日記―』第2話

 日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。アメリカの病院から郊外の基幹病院にやってきた三瓶友治は空気を読まない。それは、少しの遅れが人生を左右する脳外科医ならではのふるまいでもあった。

 
 

 脳疾患が招く麻痺、記憶障害、失語症――。脳外科医が診るのは、脳ではなく人生。元・脳外科医が書く超本格医療ドラマ『アンメット-ある脳外科医の日記-』のコミックス第1巻発売を記念して、第2話を公開。(第1話はこちら) 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アンメット-ある脳外科医の日記-』第1巻発売中。

アンメット ーある脳外科医の日記ー(1) (モーニング KC)

大槻 閑人 ,子鹿 ゆずる

講談社

2021年3月23日 発売

この記事の写真(28枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー