昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キラキラ女子高生がハメられた巧妙すぎる“偽アカいじめ”の顛末

いじめ探偵事件簿 #1

2021/03/29

 浮気調査や人探しといった本業のかたわら、子供たちの「いじめ調査」を続けているT.I.U.総合探偵社代表の阿部泰尚氏。年間約500件もの相談を受けて、いじめ事件の解決に奔走するうちに、いつしか「いじめ探偵」と呼ばれるようになった。これまでに阿部氏が手がけた事件の中から、とくに印象的だった事例について話を聞いた(プライバシーの観点から仮名にして一部フィクションを交えています)。

 阿部氏が原案・シナリオ協力をつとめる漫画『いじめ探偵』(漫画・榎屋克優)が現在、WEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」にて連載中。

◆ ◆ ◆

絵に描いたような優等生が

 関東地方の中堅公立校に通う高校1年のハルカ(17歳・仮名)は、入学当初から成績優秀で、教師たちからも一目置かれる存在だった。新体操部ではエースを務め、明るく活発な性格が男子からも女子からも好かれていた。

「一言で言えば、キラキラした感じの子でした。家柄もいいし、見た目も美人で友達の多いタイプ。でも、だからこそ嫉妬されたんでしょうね」(阿部、以下同)

 ある日、ハルカが普段通り登校すると、教室の空気が変わっていた。友達から無視をされたり、男子から机に蹴りを入れられたりするようになった。部活でも次第に孤立していった。

「いじめの原因は、ツイッターでした。ハルカになりすました偽のアカウントを誰かが作り、偽のツイートを流していたのです」

©iStock.com

 ハルカはもともと、インスタグラムやツイッターなどのSNSをよく使っていて、日常の些細なことをつぶやいていた。

「わりと裕福な家庭だったので、家族でハワイ旅行に行った様子や、沖縄にソーキそばを食べに行ったときの写真などをアップしていました。ほかには、自分の誕生日パーティーをカラオケボックスで開いて、友達が20人ぐらい集まっていたりとか。タピオカドリンクの写真もあったし、男女混合のグループでホテルのナイトプールで遊んだりもしていました」

偽の裏アカが吐き出す“本音”

 偽のアカウントは、ハルカのツイッターやインスタグラムから勝手に本人の画像を抜き取り、ハルカになりすましてツイッターを始めたのだ。友人たちから見たら、ハルカが裏アカを始めたように見える。偽ハルカのアカウントのツイッターには鍵がかかっていたが、友人たちからフォローされると、フォローバックしてツイートを見られるようにした。

 偽の裏アカがツイートしている内容は、ひどいものだった。たとえば、ハルカが友人たちとファミレスでランチをした直後に、こんなことをつぶやく。

〈なんの肉か分かんない。これ食って喜んでいる人間は舌がおかしい〉

 友人たちから見たら、さっきまで楽しくランチをしていたつもりが、ハルカは心の中では自分たちをバカにしていたのだと勘違いする。

〈みんなバカすぎて授業が進まない。バカと一緒だとつまらない〉

〈デブは自己管理できない人間。ダイエットしろ〉

〈カラオケ行くとき、みんな安い店行くから合わせているけど、本当は行きたくない〉

〈ハンデキャップのある子の手助けするのは、教師ウケ狙ってやってんだよねー〉