昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

かーぱくんに隠された物語

 このかーぱくんには実はエピソード0が存在する。かーぱくんがお披露目される1年前の2012年。マツダスタジアムの一階にこんな人形が出現していたのだ。

「子かーぱくん」

  これこそかーぱくん物語の始まりにして深すぎるドラマをもつ「子かーぱくん」である。この子かーぱくんはお父さん(かーぱくん)と生き別れになってしまい「カープがAクラスに入れないとお父さんと会えない」という、とてつもなく重い十字架を背負わされた子カバであった。

 カープの状況によっては25年間会うことができない危険性もあったわけで、「母をたずねて三千里」以上のかなりヒリヒリする設定ではあった。しかし子かーぱくんの思いが通じたのか翌年にはAクラス入り。その後父と子は無事再会できたのだろうか。前出の職員の方に尋ねてみた。

「歴代のかーぱくんは広島の街にプレゼントをして、誰もが触れ合えるようになっています。初代のかーぱくん親子は二人とも広島の安佐動物園にいますよ」

 本当によかった。あの後2匹は無事出会えたのだ。

「ただお父さんは猿山の前にいて、子かーぱくんとは少し距離があるみたいなんですけどね(笑)」

 まさかのニアミス。同じ敷地内にいつつ、ちょっとだけ離れているというなんとももどかしい状況であった。
 
 今年はぐーぐーと寝ているスタイルのかーぱくん。ここ2年間寝てしまっていたけどいよいよ目を覚ましますよ!という状態のようだ。今年かーぱくんが見事に覚醒し鷹に虎にとその強さを見せつけ、再び地上最強の姿を発揮してくれることを願う。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/44395 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(4枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

広島東洋カープの記事一覧