昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中日ドラゴンズ「どうでもいいニュース」2021春

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/04/18

 まずはこの場を借りて御礼を。今週月曜日、不肖カルロス矢吹が出演しましたTBSラジオ「アフター6ジャンクション」の中日ドラゴンズ特集を聴いていただいた皆様、誠にありがとうございました!

 まさかライムスター宇多丸さんに、中日ドラゴンズに関して話す日が来るとは思いませんでした。合間合間に挟み込まれる、TBS熊崎風斗アナによる「中日は年俸を1万円単位で刻んでくる」などのプチ情報もキラリ光った、ナイスな特集だったと思います。未聴の方はポッドキャストなどでまだ聴けますので、是非チェックお願いいたします。

 しかし、その翌日からの巨人戦で1勝も出来ないとは、貧打もここに極まれり。ラジオきっかけに中日ドラゴンズに興味を持った方々が最初にご覧になった試合がこの3連戦だったかと思うと、情けないやら申し訳ないやら。

 そんなドラファン達の気晴らしになれば。そんな思いで今回もしたためていきます、「どうでもいいニュース2021・春」。気づけば今年で4年目のこの企画、緩く楽しくやりたいところですが、なんとClubhouse上で出会した小林正人広報から「どうでもいいニュース、読んでますよ」と直接声をかけられて、うれしはずかし朝帰り。当たり前だけど球団の皆様もご覧になってるんだなあ、変なことは書けないなあ、と背筋を伸ばした次第でございました。

 さて、光栄にも認知されてきました「どうでもいいニュース」。毎度申し上げておりますが、このタイトルは文春野球中日ドラゴンズ大山くまお監督が決めたもので、筆者本人は一切「どうでもいい」と思っておりません。ドラゴンズの未来が懸けられているとさえ自負しております。

 では、プレイボール!

「これも“どうでもいいニュース”になるんじゃないですか?」

(10)森野将彦、鼻毛脱毛

 なんということでしょう。東海ラジオ「ドラゴンズステーション」番組内で、大澤広樹アナがゲストの森野将彦さんに前回の「どうでもいいニュース」を紹介して下さいました。「郡司裕也がカードの増枠審査に落ちた」だの、「山本拓実が脱毛した」だの。次々伝えられるニュースに、森野さんも思わず「大丈夫、文春オンライン?」と掲載媒体丸ごとご心配いただき、聴いていて大変恐縮でございました。しかし話の流れで森野さんが鼻毛脱毛の施術を受けていることが判明。それを聞いた大澤アナが「これも“どうでもいいニュース”になるんじゃないですか?」とすかさず反応したため、早速採用させていただきました。「ドラゴンズステーション」の皆様、今後ともよろしくお願いいたします!

(9)高橋宏斗、松木平優太に誕生日プレゼントをあげる

 昨年のドラフト1位高橋宏斗が、同期入団で同い年の松木平優太に誕生日プレゼントでTHE NORTH FACEのウェアを贈ったそうです。「大切に使います!」と宣言した松木平は育成3位の入団、ですがプロに入ってしまえば結果が全て。同期入団の2人が先発ローテに並ぶ日をドラファンは待ち望んでおります。

(8)加藤翼、愛知県の美容院を探す

 こちらも昨年のドラフト5位で入団、岐阜県出身の加藤翼が、自身のインスタで「愛知県内のオススメの美容院」を探し求めていました。高卒で地元を離れたばかりだと、やはり美容院を探すのも一苦労。これから加藤がどんな髪型にしていくのかも注目です。

(7)三好大倫、ブルーシールアイスクリームにハマる

 またもルーキーの話題です。昨年のドラフト6位で入団、三好大倫がキャンプで訪れた沖縄でブルーシールアイスクリームにハマり、ほぼ毎週食べていたそうです。三好と言えば、前回の「どうでもいいニュース」で味噌おでんに興味を示していたことも記憶に新しいですが、キャンプや遠征でその土地の味を楽しめることもプロ野球選手という仕事の醍醐味。野球の技術だけでなく、様々な食も覚えていって欲しいところです。

(6)村上隆行打撃コーチ、膝の水全部抜く

 毎朝筋トレを欠かさない村上打撃コーチ、スクワットなど下半身のトレーニングの際、膝が痛むのでトレーナーに膝の水を抜いてもらったところ、なんと総量約25ミリリットルもあったそうです。痛みはおさまり、特に外来種の発見も無かったことも書き添えておきます。