昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

画面越しに明るい髪はバレるのか? 美容師が教える、Zoom面接でNGな「髪型」

2021/04/03

 コロナ禍で就活も激変した昨年は、学生のお客様から「面接もZoomだけで終わった」と多く聞きました。

 新卒一括採用と共に未だ色濃く残る就活スタイル。今回はコロナ禍で 伸びきった髪でもZoom面接をクリアできることを重視した、スーツに合いつつお洒落も譲らないヘアスタイルについて、美容師のノウハウを駆使してお答えします。

 主に男性向けですが、女性も参考になるはずです。ズボンはパジャマでもいいけれど、PCやスマホのインカメラに映る部分は好印象に仕上げたい。どうしたらいいのか?

©️iStock.com

男性のヘアスタイルは短くなきゃダメ?

「就活ヘア」というと男性は短髪にしないと、というイメージがありますが、zoom面接を乗り切るまでなら、なんとかなります。

 流行りの「センターパート」や「前髪長めのマッシュボブ」は、就活時にも応用できます。

(著者提供)
(著者提供)

 ただし、上の絵のようなセットの仕方ではアウトです。このヘアスタイルのポイントは、「おでこ」と「耳」と「襟足」にあります。

オールバックにすればいいのだ

 上の2枚のヘアスタイルに共通しているのは、まず、目にかかるほどの前髪の長さです。長い前髪は野暮ったさを感じさせますが、スーツスタイルに合わせられる汎用性も併せ持っています。

 おでこをガッツリ出すように、オールバックにすればいいのです。

(著者提供)

 7:3程度に分け後ろに流すようにして、ジェルを使ってガッチリ固めましょう。耳と襟足はスッキリしていて、ジェルのセット力で毛先が散らばらないようにできるし、モリモリと膨らまないようにもできます。