昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

どうしても右側がピョンっと…髪型が「左右非対称」に、避けられない“最大の原因”は

2021/02/07

 今回は、ヘアスタイルがなぜ左右対称にならないのかについてです。内巻きのボブスタイルで例えると、左右とも内巻きにくりんとして欲しいのに、いつも片方がピョンっと跳ねてしまう。いったい、どうしたらいいの?

©iStock.com

一番の原因はつむじ

 毛流れはつむじの方向に影響されています。つむじは毛流れが強く、見た目の印象が変わりやすいため、人によってはつむじのせいでやりたいヘアスタイルができなくなることもあります。

 つむじは、実はほとんどの人が時計回り(反時計回りの人もいます)。この、時計回り(もしくは反時計回り)であることが左右対称にならない原因です。

 
 

 

 頭を上から見ると、時計回りのため右側の毛流れと左側の毛流れは違います。なので右と左の形を違う向きに整形しないと、正面から見た時に左右対称にならないのです。

 つむじは2つあることも珍しくありません。1つは大体てっぺんのあたりにあり、2つ目は1つ目と横並びにあったり、前髪の生え際や襟足にある人もいます。

 ちなみに何故つむじが時計回り、あるいは反時計回りなのか、そもそもつむじって何なのかについては諸説ありますが、まだまだはっきりとは解明されていない人体の神秘のようです。