昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“私ってこう見えてるの?”と思うけど…美容師も悩んでいる「客の前にどの雑誌置くか問題」

2020/11/29

 美容院で目の前に置かれた雑誌を見て「私より読者年齢が上の雑誌を置かれてちょっとショックだった」「私ってこんな風に見えてる?」といった経験のある方も少なくないのではないでしょうか。 

 そうした美容室での雑誌問題は「あるある」として美容師側も認識していますが、それでも美容師は必ずと言っていいほど、お客様の手元に雑誌を置きます。それはお客様が手持ち無沙汰な時間を作らないためです。しかし、なぜ自分に合わない雑誌が置かれてしまうのか。そこには理由があります。   

©iStock.com

雑誌を用意しているのは誰? 

 美容室でしか雑誌を読む機会がない方は多いようです。手元に置かれた雑誌をたくさん読みたいお客様もいれば、全く興味を示さない方もいらっしゃいますが、美容室では、大体2、3冊置くのが定石。これは雑誌を用意する美容師さんが「あの方には多分これが合うだろう」と思って選んだ2、3冊です。1冊のファッション誌だけだと限定的なので、2冊目以降は少し違うジャンルのものを置くことが多いです。 

 お客様が違和感を感じるのは、主にファッション誌です。出されたファッション誌に違和感を感じるのは出す側が、雑誌の年齢別のファッション志向を把握できていないために起こりがちです。 

 多くの美容師はファッション誌を年齢別、ジャンル別に大枠で把握していますが、ではその手元の雑誌は誰が用意したのか? 

©iStock.com

 多くの場合、雑誌の用意はアシスタントの仕事。まだ経験の浅いアシスタントが置いている可能性が高いと言えます。間違った雑誌を置く「あるある」は美容師の間でも周知の事実で、後輩に指導する機会も多い事例です。アシスタントが用意したのでなければ、その担当の美容師さんの勉強不足が原因でしょう。 

 美容師はファッション志向を知るのも勉強のうちです。自分が好きで得意なファッションだけでなく、各世代、各層の好みやライフスタイルの傾向を知らないと、その方に合うヘアスタイルを提案できないのです。 

 ファッション誌の年齢層、印象を振り分けると 

 各ファッション誌にはターゲット層が明確に振り分けられていて、各世代、各層に向けた雑誌が出ています。