昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【DeNA】スタジアムに生きたねこ

文春野球コラム ペナントレース2017

2017/10/08

ずっとひとりで生きてきたねこが初めて知ったこと

 白い鳥をなんとかかたせてあげたい、ピッチングマシンにまたなげさせてあげたい。そう強く願いましたが、ねこにはどうすることもできませんでした。やがてスタジアムには、うとうとする酔っ払いのおじさんの代わりに、たくさんの子どもたちがやってきました。子どもたちのお父さんとお母さんもやってきました。男の人も女の人もやってきて、寂しそうなスタジアムがだんだん元気になっていきました。みんながしゅんとする回数も減っていきました。そしていつのまにか、青い壁に住んでいた白い鳥は消え、物置き場のピッチングマシンはどこかに運ばれていきました。

現役引退を発表した大原慎司 入団1年目の11年に71試合に登板するなど、中継ぎ左腕として活躍 ©時事通信社

 笑い声は増えたのに、ねこは、とても悲しかったのです。「勝ち」も「負け」もわからないねこですが、白い鳥とピッチングマシンはねこの仲間だったから。一緒に泣いた仲間だったから。仲間を助けられなかったことが、ねこはとても悔しかったのでした。大きな鳩だって、ネズミだって仕留められる、すばしっこくてたくましいねこ。ずっとひとりで生きてきたねこ。だけどねこは、このとき初めてひとりではできないことがあると知りました。ひとりではできないことが「勝ち」と「負け」なのだと知りました。

 ねこは今もスタジアムにいます。ときどきたまらなくなって、スタジアムの真ん中に飛び出していきます。そのときはいつも、あの白い鳥とピッチングマシンのことを思うのです。だってこれからもずっとねこの大事な大事な仲間なのだから。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/4458  でHITボタンを押してください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー