昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ーー娘さんはおいくつなんですか?

あき よしたかの4歳下です。だから出会った時は25歳でしたね。

よしたか ほとんど一緒ですね。

あき 娘にはよしたかに年齢をごまかしていることを言ったんですけど、なんで本当のこと言わないの〜ってずっと言われていました。隠すことじゃないよって。本当にその通りでした……。

ーーそこから25歳差ということを打ち明けたのはいつだったんですか?

よしたか 私はずっと日本一周をしたいなと思っていて、あきちゃんと出会ってから本格的に実現しようと思い始めたんです。会社を経営していたんですけど、その仕事もやめたんです。ただあきちゃんは全然乗り気じゃなくて。

ご自身のキャンピングカーで日本一周をしているお2人

あき わたしはどきどきしていました。7年近くも年の差のことを黙っていたので。ただ日本一周をするには実年齢を話さないといけないと思っていました。病院にかかったり、もしも事故をした時に年齢が合わなくなってしまうので。

「本当は25歳年が離れているのよ!」

ーー7年間も一緒にいたらバレそうですが、そういうタイミングはなかったんですか?

あき 何度もチャンスはあったんです。パスポートとか、保険証を机に出しっ放しにして、気づいてよ〜と思っていました。

よしたか 確かに(笑)。気づくタイミングはあったと思うし、なんかおかしいなと思うことはあったんですけど……。あきちゃんの子供の頃の写真が白黒で、あれ? 東京なのにそんなに進んでないの?と思ったんですけど信じきっていましたね。

あき 山口百恵の大ファンとか聞いたらわかると思うんですけどね(笑)。

ーー7年越しに本当の年の差を打ち明けた理由は?

よしたか 日本一周を始めるにあたって、伊勢神宮にお参りに行くことになったんです。無事に日本一周できますようにとお願いするために。

あき 伊勢神宮に行くのも拒否していたんです(笑)。だけど渋々行くことにしました。なぜか伊勢についてから決心がついて、キャンピングカーで打ち明けたんです。「本当は25歳年が離れているのよ!」って。