昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「一時金」「皇女制度」…眞子さま結婚問題への反発から再浮上する「“愛子天皇”待望論」――2020 BEST5

来年には成年皇族に《世論は大逆転》

2021/05/02

genre : ニュース, 社会

2020年(1月~12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。皇室部門の第5位は、こちら!(初公開日 2020年12月9日)。

*  *  *

愛子さまも来年は「成年皇族」に

「皇后陛下は12月9日に57歳の誕生日を迎えられました。天皇陛下を支え、長女・愛子さまを温かく見守ってきた皇后陛下ですが、その8日前の12月1日に19歳となられた愛子さまのご成長ぶりには、とりわけ目を見張られているように拝察しております。愛子さまは来年には成年皇族となり、ご公務にも臨まれるようになるでしょう。その際の天皇家の長子としてのお振る舞い、たたずまいはさぞかしご立派なものとなるのではないでしょうか」

眞子さまと愛子さま。世論は逆転? ©時事通信社
57歳の誕生日に際して公開された雅子さまのご近影

 宮内庁関係者はこう語る。愛子さまは4月、学習院大学文学部日本語日本文学科に進学したが、新型コロナウイルスの流行で入学式は中止となり、日本文学講義といった専門科目や英語、スペイン語などのオンライン授業を受けられているという。

雅子さまも「感慨深いものがあります」

 雅子さまは誕生日を迎えられるにあたっての「ご感想」の中で、愛子さまのご成長についてこう述べられた。

「来年には成人することを思いますと、幼かった頃のことも懐かしく思い出され、感慨深いものがあります」

12月1日に19歳になられた愛子さまのご近影 宮内庁提供

 前出の宮内庁関係者が続ける。

「コロナ禍で憧れのキャンパスライフはおあずけになっていますが、愛子さまにとっては、一連のお代替わりの儀式や関連行事が、皇室の歴史や伝統に加え、上皇・上皇后両陛下のお歩みを学ばれる絶好の機会となりました。巣ごもり生活が続く中で天皇・皇后両陛下とのご家族での時間を大切にする過程で、成年皇族としての心構えを確固たるものにしようとされているようにも感じます。