昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/07

「彼女がNo.1でしたね」

 初期モーニング娘。の振り付けを担当した夏まゆみは、これまで育ててきた中でNo.1の才能を持ったアイドルを問われ「後藤真希です。モーニング娘。やAKB48の中で言うと、圧倒的な才能という意味では彼女がNo.1でしたね」と答え、つんく♂は、モーニング娘。の歴史を変えた三人として、後藤真希の名を真っ先に挙げた(あとの二人は高橋愛、鞘師里保)。

【動画】「後藤真希20th Anniversary SPECIAL ONLINE EVENT」の開催を発表した回
 

 多くのアイドルを見てきたプロたちが、口を揃えて伝説として語る彼女。12月20日に開催される「後藤真希20th Anniversary SPECIAL ONLINE EVENT」では、モーニング娘。時代の楽曲も披露するというし、これを機に、積極的な歌手活動を期待したい。

 デビュー当時は、子どもがわけのわからないまま大人の愛を歌っているようでチグハグだった『愛のバカやろう』も、『テレ東音楽祭2020秋』での歌唱は沁みた。20年の時を超え、ゴマキにやっと曲が追いついたという感じである。

©AFLO

 さて、20周年といえば、ハロプロではないが、つんく♂プロデュースから飛び出したもう一人の天才、ソニンも、今年20周年。10月14日に『カレーライスの女』の続編となる『ずっとそばにいてね。』を発売した。もちろん、作詞作曲はつんく♂だ。できれば、ゴマキの『原色GAL』の続編も聴いてみたい。派手が大好きな彼女は今もキラキラだろうか?

 天才二人の原点回帰、そして21年目の活動が楽しみである。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

2020年 エンタメ(女性)部門 BEST5

1位:Kōki,セミヌードの裏に……母・工藤静香“長女は写真家”アピールと、父・木村拓哉の影
https://bunshun.jp/articles/-/45018

2位:後藤真希の美貌がヤバい! 35歳になった“永遠のアイドル”は、なぜこんなにも輝き続けるのか
https://bunshun.jp/articles/-/45017

3位:安藤優子が「34年のフジ生放送生活」を終えて気づいた“押しつけがましさ”
https://bunshun.jp/articles/-/45016

4位:“自宅では水着で過ごす” 田中みな実が好かれる理由は「あざとさ」ではない
https://bunshun.jp/articles/-/45015

5位:“ダンス講師”になった早見優53歳 記者が訪ねると本人が出迎えてくれて……
https://bunshun.jp/articles/-/45014

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー