昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

田中大貴アナが実況すれば山田哲人は打つ 6・8ロッテvsヤクルト副音声の舞台裏

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/06/10

 2021年6月8日。BS12での千葉ロッテ対東京ヤクルト戦の副音声で、人生初の解説をさせていただきました。

 実況は元フジテレビアナウンサーの田中大貴さん。現在はスポーツコンサルティング会社を立ち上げ、その代表を勤めながら野球実況はもちろん、様々なスポーツと関わるお仕事をされている、いわばスポーツ界のプロ中のプロ。文春野球でもオリックスの監督をされています。

 以前このコラムで神宮の珍実況について書かせていただきましたが、僕はスワローズ主催試合の実況アナウンサーの中で、田中さんの実況が一番好きでした。

 神宮球場という大都会の中に佇むなんともいえないあのノスタルジックでクラシックな雰囲気にぴったりな耳心地のいい声色。都会的な無駄のない言葉選び。視聴者の邪魔にならない、冷静と情熱の間のちょうどいい熱量。そして何より、田中さんが実況する時は山田哲人がよく打つ(笑)。

スワローズ中継ではおなじみだった田中大貴アナ(右)と筆者 ©笑福亭べ瓶

伝説の3打席連続ホームランで産まれた名実況

 2015年、ソフトバンクとの日本シリーズ第3戦。伝説となった山田哲人の日本シリーズ初となる3打席連続ホームランの試合を実況していたのも田中さんでした。

 3本目のホームラン。

「ヤクルト逆転。そのヤクルトの中心に、背番号23番が光り輝きます」

 奇をてらう事のない、シンプルでありながら力強い実況。あの古舘伊知郎さんに、

「君は俺みたいな実況が嫌いだろ」

 と言わしめた、できるだけ言葉数を削る無駄のない実況を真横で聞かせていただきながら、いちスワローズファンとしてスワローズへの想いを自由に話した3時間半。

 今回は、その3時間半で僕が学んだ事、再確認できた事を書きたいと思います。

 先に言っておきます。

 伝わらなかったらごめんなさい(笑)。

「1000準備して3出ればいい」

 実況という仕事は、刻一刻と変化する試合の状況を正確に伝えるのが当たり前。その中で解説者に話を振り、受け答えをしながらその会話の中で出てきた新しいトピックに対しての情報を瞬時に調べ、そのトピック自体が冷めないうちに伝える。

 これを常にやり続けるのには、とてつもないエネルギーが必要です。

「解説というものをどうすればいいのだろう」と少し不安な気持ちがあったんですが、試合前に田中さんから、

「僕らは1000準備したもののうち、3ぐらい出ればいいなって感じなんです。ただ、1000の準備をしてるという事が安心であり、大事なんです」

 という言葉を聞いた時、気持ちがすーっと楽になりました。

 1000分の3という事は、0.3%。

 0.3%出ればOKなのであれば、残りの99.7%は自分が使わせてもらえるんだ。

 会話の最低限の常識だけは守りながら、こちらは自分がいけると思ったタイミングがあれば遠慮する事なくどんどん仕掛けていく。

 そうする事で、どこかで田中さんの1000の準備に引っかかるものが出てくるはず。

 その準備に引っかかれば引っかかるほど僕のパーセンテージが下がり、バランスが良くなっていく。