昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

土田、伊藤康、岡林…ドラゴンズ“わくわく”だらけの二軍野手たち

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/06/11

 二軍選手の現状報告第2弾。今回は野手編だ。取材日は6月6日。内外野手は仁村徹二軍監督、捕手は武山真吾二軍バッテリーコーチに聞いた。

 まずは捕手。大野奨太について「向上心を持って、しっかり準備をしています。打撃に波はありますが、セカンドスローも2秒を切っていて、守備は問題ありません。信頼も厚く、奨太に受けて欲しいというピッチャーが増えています。いつ一軍に呼ばれてもいい状態」と評価した。

 郡司裕也について「リードが楽しくなってきたと言っています。今までは配球だけでした。配球とリードは違います。サインを出すだけではなく、ピッチャーへアドバイスしたり、バッターの弱点を見抜いたり、展開を読んだり、ゲーム全体を引っ張るのがリード。それができてきました。今、一軍に行けば、面白いと思います」と期待。

 一方、石橋康太について「まさに配球だけ。ピッチャー、バッター置いてきぼり。しかも、一軍のイメージでサインを出すので、要求が難し過ぎます。気付けば、カウントが悪くなってドカン。マスクを被った15イニングで22失点では。真面目で勉強熱心だから陥るんですが、もう少し全体を見ないと」と手厳しい。

 加藤匠馬について「細かい技術を磨いています。特にワンバウンド捕球。一緒に映像を見ながら、下半身の使い方を意識しています。今の起用は抑え捕手。一軍の終盤に代走のスペシャリストが来ても、『加藤なら走って来ない』となって欲しい」とエールを送った。

「土田の一軍は早いですよ」

 続いて、内野手。仁村監督は石川昂弥について「怪我が治って、やっと右腰の押し込みができるようになり、長打が出始めました」と声が弾む。昇格はどうか。「いや、まだ速い球に対応するスイングができていません。よく『一軍で慣れさせれば』と言われますが、そこまで行ってない。今は150キロを打ち返せません」とキッパリ。ただ、守備位置については「セカンドもやらせましたし、正直、打てればどこでも」と柔軟な考え。とにかく二軍で打ちまくることだ。

 京田陽太については「課題はバッティングで体が残ることです。二軍に落ちた時に本人と首脳陣で話をして、体重移動に取り組もうとなりました。もっとピッチャーに向かって打ちに行って、その空間で球を引きつけないと。彼は最初から全て受けてしまう。だから、低めを拾えないんです。打ちに行って、やがてバットのヘッドが体から離れて、前が大きいスイングになるのが理想。一番いい例はイチローです」と解説した。

 ドラフト3位ルーキー土田龍空の評価が高い。「途中出場の1打席でいい当たりをしたり、みんなが振り遅れている投手の球を一発で仕留めたりする。ヒットゾーンに運ぶバットの角度も持っている。これは教えられません。大島(洋平)のようです」と絶賛。守備については「うまいです。でも、うまい選手にありがちな凡ミスをする。捕ってから早く投げようとして、イージーゴロを弾いたり、悪送球したり。確実に10割を」と求めた。「あとは体力。まだ一軍で1年間は戦えません。この秋に鍛えたいですね。でも、体さえできれば、土田の一軍は早いですよ」と太鼓判だ。

ドラフト3位ルーキー土田龍空

 4月に左太ももを痛めた石垣雅海について「怪我の影響でスイングが鈍くなっています。体にキレがない。1か月はかかりますね」と静観。石岡諒太について「メンタルですね。ランナーなしでは打てるけど、チャンスでなかなか。考え方が逆になれば、いくらでも打てる選手です」と精神面の変化を望んだ。ルーク・ワカマツについて「いいセンスをしています。でも、過去に足、腰、肩に故障歴があるので、無理はさせられません」と慎重だ。