昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「根暗で自信がなくて、そういう自分が嫌だった」  18歳のシンガーAdoが渋谷のビジョンで「うっせぇわ」を見た日

Adoインタビュー#1

Ado

2021/05/12

「はぁ?うっせぇうっせぇうっせぇわ あなたが思うより健康です」――。

 Adoという名前を知らなくても、こんな挑発的なフレーズをドスの利いた声で歌う「うっせぇわ」(詞曲・編曲:syudou)を耳にしたことのある人は多いだろう。

今年の3月に高校を卒業したばかり。“女子高生シンガー”として昨年の10月に発表したメジャーデビュー曲「うっせぇわ」が社会現象的なヒットとなった18歳の彼女は、今、ブレイクの渦中で一体何を思うのか? ボーカロイドが音楽との出会いだったという小学生時代から、歌に目覚めた瞬間、そしてここまでの歩みについて聞いた。(全2回の1回目/#2を読む)

 (取材、構成:柴那典)

◆◆◆

18歳になった翌日、渋谷のビジョンで「うっせぇわ」の映像が

——「うっせぇわ」でのメジャーデビューから半年経った今の状況について、Adoさんはどう感じていますか?

Ado 活動を始めた時から自分の歌を多くの人に聴いてもらいたいという思いはあったんですが、まさかこんなに多くの人に知ってもらえるとは思わなかったです。夢が叶ったというか、嬉しいですね。

——どのタイミングで驚きの実感がありました?

Ado ところどころあるんですけど、渋谷のビジョンで「うっせぇわ」の映像が流れてるのを見たとき、「ちょっとこれは大変なことになった」と思いました。たしか、私の18歳の誕生日の次の日のことですね。渋谷って、広告のトラックだったり、スクランブル交差点のビジョンだったり、街中にいろんな音楽が流れていますよね。その一部に自分の歌声が流れているというのが、とても不思議で。街に自分の歌が響いているというのを実感したときに、感慨深い気持ちになりました。

「Ado」の公式youtubeチャンネルより

——今年に入ってからは反響もさらに大きくなっていますが、その変化はどう感じてましたか?

Ado YouTubeの「うっせぇわ」のMV再生回数が1億回を突破したり、Twitterのフォロワーも何十万人になって、実際にその人たちを見たわけではないネット上の数字ではあるんですけど、こんなに沢山の人から見られてるんだって喜びはあります。

小学1、2年生くらいからボカロ曲を聴いて

——振り返っての話もお伺いできればと思うんですけど、Adoさんは中学生の頃にニコニコ動画に「歌ってみた」の動画を投稿して歌い手としての活動を始めたんですよね。音楽とはどういう出会いだったんでしょうか?

Ado もともとボカロ曲が大好きで、聴き始めたのが小学1、2年生くらいの時だったんです。従兄弟に教えてもらって、そこからずっとボカロの動画を面白いなと思って見ていたんですけれど、小学6年生くらいのときにニコニコ動画でボカロ曲をカバーする歌い手さんに出会って。ボカロ曲って人間が歌うために作られたわけではないので、メロディの高低差が激しかったり、とても歌えないようなスピードだったりするんです。そういうハイレベルで難しい曲をカバーする歌い手さんをすごいなと思って興味を持ちました。もともと根暗で自分に自信がなくて、そういう自分が嫌だったので、「歌い手なら、もしかしたら私にもできるかもしれない。変わりたい」という思いで歌を始めました。