昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「おおっ」「ほんとに消えたー!」20時の消灯で盛り上がる、路上飲み“無法地帯”の渋谷をルポする

緊急事態宣言下の東京を歩く #1

2021/05/10

 コロナ禍となって2回目のゴールデンウィークを迎えた。7月にオリンピックを控えて感染が拡大する中、まん延防止等重点措置もむなしく、3度目となる緊急事態宣言が4月25日に東京、大阪、兵庫、京都で発令された。(全2回の1回目/#2に続く)

4月23日に緊急事態宣言発出についての首相記者会見が街頭ビジョンに映し出された

帰宅を呼びかけ、マスクを配る職員

23日の新宿の人出

 緊急事態宣言によって、飲食店での酒類の提供自粛などがより強く要請された。宣言前の4月23日には毎度のことながら新宿の街頭ビジョンに首相の記者会見が映し出され、新宿区の職員達と警察が帰宅を促すべく通行人に呼びかけていたが、効果があるのかどうかは疑問だ。プラカードを持って繁華街を練り歩く職員たちを見ていると、誰かの思いつきに付き合わされているように見えて、気の毒に思えてくる。早く帰って休んでほしい。

区の職員が帰宅を呼びかける
広場で帰宅を呼びかける職員たち

 職員たちは歌舞伎町でたむろする若者達にマスクを手渡していたが、それもすぐに捨てられ、とてもやりきれない気持ちになった。

若者にマスクを手渡す職員
すぐに捨てられたマスク