昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文春野球「コミッショナーだより」9・10月号

文春野球コラム ペナントレース2017

2017/10/13

9・10月の月間最優秀コラムの発表

 続いて9・10月の月間最優秀コラムの発表です。今回は2作品同時に発表します。

9月期 最優秀コラム賞
9月29日「井口引退試合は、パ・リーグファンの一生の宝物だ!」
北海道日本ハムファイターズ えのきどいちろう

10月期 最優秀コラム賞
10月8日「スタジアムに生きたねこ」
横浜DeNAベイスターズ 西澤千央

 9月期の最優秀コラムは日本ハムのえのきどいちろうさんが2度目の受賞をしました。9月24日井口資仁選手の引退試合となったZOZOマリンでの千葉ロッテ×日本ハム。その、現場で起きた、形容のしようのない野球という大きな力と、巻き込まれた人々のグルーブが巻き起こすどうしようもない“いかれぽんち”具合。敵も味方も関係ない。首位を争っていたマリーンズの梶原さんも「うちのコラムなのにずるい」と言いながら絶賛する、ディスイズパ・リーグな素晴らしいコラムでした。

 そして、10月の最優秀コラムはこれまた二度目の受賞となる西澤千央さん。実は8月3日に謎の人妻コラムを発表後、極度のコラムイップスに陥ってしまい2カ月間更新ができませんでした。その間、何度も挑戦しては失敗が続いていましたが10月3日にまさかの同じ人妻路線「なんてことない消化試合の、なんてことない物語」で復活。その5日後に高崎投手・大原投手の引退のニュースを聞き連投されたのが「スタジアムに生きたねこ」でした。ベイスターズファンのみならず、この原稿を読んで涙を流したという声を多く耳にしますが、一番最初に涙を流したのは西澤さん本人であることは言うまでもありません。「最優秀コラム以外のタイトルは全部クズ」と言い切っていたのでよかったですね。

 尚、首位打者、最多勝、年間最優秀コラムなどのタイトルと総評は、コミッショナーだより11月号で発表いたします。

文春野球今後の予定

 最後に今後の予定です。

10月14日~10月23日 文春野球クライマックスシリーズ
10月28日~11月5日  文春野球日本シリーズ
11月16日(木)    文春野球AWARDS 2017 渋谷LOFT9
11月後半~       契約更改・優勝旅行・納会。
12月1日~1月31日  センテンススプリングウィンターリーグ

 ※これらの詳細については文春野球の公式Twitterにて随時発表していきます。
 
 以上、文春野球コラムペナントレース9・10月号のコミッショナーだよりでした。いよいよ、明日からクライマックスシリーズ。そして日本シリーズがはじまります。プロ野球ファンの皆さま、最後の熱い1カ月。今年も思う存分、楽しみましょう。そして、引き続き文春野球をよろしくお願い致します。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー