昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/24

 一度、しつこくハマから「アフター行こうよ」と誘われたことがある。行き先はなんとカジノ。

「ほら、アユミも賭けなよ!」とチップでもくれるのかと思いきや、ハマはひとりでバカラをはじめた。そんなハマの様子を隣で見つめるだけの私。クッソ、帰りてぇ……。

 結局、バカラを見つめるだけでこの日は終わった。この日以来、私の中でハマはブラックリスト入り。

「なんか、壁に蛾のような虫がいる……」プノンペンで病む

 クセ者だらけかと思いきや、プノンペンは超大金持ちの客もいる。シンガポールで保険会社を経営している大社長とか、某自動車メーカーのお偉いさんなど、客層は幅広い。しかも外国人客も多い。

 タダでさえキャストが少ないのに、外国人客に何時間も付いていたらそりゃ疲れる。私の翌日に入店した22歳のユウカちゃんは、私よりも英語が喋れなかった。ひとりで外国人客に2時間も付かせられ、ひたすらニコニコするしかなかったという。

©iStock.com

 そしてオーナーの方針なのかは知らないが、客が居続ける限りは営業するスタイル。一応、残業代は出るけど、この国に風営法なんてものはない。さすがカンボジア!

 とはいえ店は一応、深夜2時までの営業となっている。自分が接客していた客が帰れば、早上がりもできるのだが……。店の上に寮があるので店内でカラオケをしようものなら、部屋までガンガン聞こえてくるのだ。

「テメェ!!」

「なんだ!? コノヤロー!!」

 仕事を終えて部屋で寝ていると、下からコントのような怒号が聞こえてくる。時刻は朝の4時。

「ウルセーぞ!! コルァ!!」

 床ドンしたら収まったが、マジで朝っぱらから迷惑な客どもだ。

 こんな生活をしているので、身体的に病むまでに時間はかからなかった……。一度寝ると死んだように眠ってしまう。

「なんか、壁に蛾のような虫がいる……」

 部屋の壁に張り付いた大きな虫。気持ち悪いけど動いたら嫌だな、と思いつつその日は爆睡した。翌朝も、その次の日も虫は動く気配がない。しばらくして気づいたのだが、よく見るとそれは壁の一部が剥がれていて中のコンクリートが見えているだけだった。どうやら幻覚が見えるほど疲れていたらしい。

「仕事したくねーなぁ……」

 イオンの近くのスラム街を眺めながら、貝料理をツマミにビールを飲む。仕事前の唯一の至福の時間。

水銀が入りまくりという噂の貝料理。味は美味い

「プノンペンの貝は川の水銀まみれだから病気になるよ!」

 客からの厳しいツッコミ。

 あれ、私の人生もうちょっと楽しくてもいいんじゃない?

【続きを読む】22時以降真っ暗な街、電気が点かない寮…アジアの日本人キャバクラを放浪した“底辺キャバ嬢”が明かす“ヤバい”店

底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる

カワノアユミ

イースト・プレス

2018年4月15日 発売

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー