昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「産んでくれ」「離婚して」死亡の防衛省技官が自ら録音した“妻の不倫音声”データ公開《千歳“抗議の自殺”事件》

妻と千歳市議が不倫 夫が“抗議の自殺”をしていた #3

 北海道の空の玄関口「新千歳空港」で知られる千歳市内の林道で、5月6日明け方、東千歳駐屯地に勤める防衛省技官の鈴木康平さん(仮名・享年49)が首を吊り、命を絶った。

 その自殺現場となった林道は、康平さん自らが調査で突き止めた、12年連れ添った妻・A子さん(44)と元千歳市議会議長で自衛隊OBのベテラン市議、香月(かつき)正氏(72)が逢瀬を重ねた現場だった。

直撃取材に答える香月正氏 ©文藝春秋/宮崎慎之輔

 人口約9万7000人のうち自衛隊関係者が3分の1以上を占めるとされる千歳市で、影響力をもっていた香月氏に1人立ち向かうため、康平さんは不貞行為の証拠を集めていた。(#1#2

 そして、その膨大な書類と、音声や映像が入ったパソコンを、康平さんは自殺する直前の5月5日、自らの手で関東地区に住む妹に宅配便で発送していた。

康平さんのパソコンに残されていた「音声ファイル」

 康平さんの妹が語る。

「調停がうまくいっていなかった兄は、子供の親権を奪われた上に、このまま子供たちの養育費だけをうまいように取られて苦労するくらいなら、いっそ自分が死んで財産分与をしたい、と考えていたようです。弁護士さんや友人、職場の同僚にも遺書を残しており、遺書の中にも書かれていました。不倫した香月に一矢報いることができなくて悔しい、とも……」(康平さんの妹)

康平さんが依頼していた調査会社の報告書より(遺族提供)

 その宅配便の中でも、決定的な証拠だったのは、康平さんのパソコンに残されていた音声ファイルだった。

「兄は、別居するA子さんのマンションに協力者の助けを借り、録音機(ICレコーダー)を仕掛けていました。調停で証拠として採用されるために協力者とマンションにはいる動画も撮っています。けっして鍵を壊したり、乱暴な方法で侵入はしていません。その手段は決して褒められるやりかたではないのかもしれませんが、親権を争って離婚調停を進めている中、そこまでしても証拠を集めなくてはいけないというところまで追い込まれていたのだと思います。そして、(録音機の中に)A子さんと香月氏のマンション内での逢引の音声が入っていたのです」(同前)