昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「若い時に一緒に演じてたら、絶対人生違ってた」“共演者キラー”佐藤健と満島ひかりの本当の関係

2021/06/05

「撮影開始直後から、『え⁉ おふたりはもしかして?』と、スタッフ同士で目配せするような場面が何度かありました。撮影はお盆まで続きます。今後どうなるのか……」(制作スタッフ)

 現在、北海道を中心に撮影が進んでいるのが、Netflixのオリジナルドラマ「First Love 初恋」。2022年の配信予定で、満島ひかり(35)と佐藤健(32)のダブル主演と話題性抜群のキャスティングだ。この現場で、満島と佐藤は「息がぴったり」なのだという。

「とにかく、現場で満島さんと佐藤さんのふたりは仲がいい」

「1999年、当時16歳だった宇多田ヒカルがリリースし、大ヒットした名曲『First Love』。そして19年後の2018年に発表された『初恋』、その2曲にインスパイアされたオリジナル作品です。

 90年代後半、00年代、そして現在と、3つの時代にわたる1組の男女の初恋の記憶を辿るラブストーリーで、年代や季節のシーン変化が非常に多いので、年明けすぐに撮影をはじめ、実に7カ月間もの予定を組んでいます」(同前)

 別の若いキャストで高校生時代を描くシーンもあるが、満島が演じるのはフライトアテンダントを目指していたが不慮の事故で人生の変わる女性、そして佐藤は元航空自衛隊のパイロットという役どころだ。

 この企画は、宇多田が『初恋』を発表した2018年からすでに進んでいた。脚本も書いている寒竹ゆり監督とプロデューサーが、まず声をかけたのが満島だった。

満島ひかり ©getty

「1年以上にわたり、脚本がまだ途中段階から満島さんは制作陣と準備をしていました。そのなかで相手役として佐藤健さんを推したのは、ほかでもない満島さん。佐藤さんは偶然、デビューDVDで寒竹監督と仕事をしたことがあって、この豪華なキャスティングが実現したんです。

 とにかく、現場で満島さんと佐藤さんのふたりは仲がいい。お互いに“懐いてる”って感じですよ。満島さんは『健くん』と呼び、佐藤さんは『満島さん』と呼ぶので、そこは年齢差とキャリアの差を感じますが、待ちの時間はずっとふたりの世界で近寄りがたい。現場では、どうしてもソーシャルディスタンスである程度離れているわけですが、お互いの動きの視線の追い方や会話の様子をみていると、これまでにない相性の良さを感じるんですよね。

佐藤健 ©getty

 満島さんが、あるシーンのあとに、『もっと若い時に一緒に演じてたら、絶対人生違ってたと思う。健くんだってそうでしょ』って言っているのを聞いたときには、ドキッとしました」(同前)