昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

秋元康からの手紙には「心優しい峯岸みなみ」

 卒業公演では、秋元康総合プロデューサーから手紙が寄せられた。

「峯岸はいつも周りに気を遣うメンバーになりました。メンバーにもファンにもスタッフにも、誰の事も傷付けたくない、もちろん自分も傷付きたくない、心優しい峯岸みなみになりました」などと心温まるメッセージを受け取った。秋元氏からの手紙は、峯岸が周囲の大人達からも可愛がられていた証だろう。卒業後の峯岸について、ワイドショーデスクは「安定した活躍が期待できるのではないか」と推測する。

©️文藝春秋

「幅広い人脈はもちろんですが、元々トーク力が安定しているし、AKB48で酸いも甘いも経験した“地盤”がある。大きくブレイクすることはないかもしれませんが、自虐やイジられ役も厭わない柔軟なキャラクターで“細く長く”芸能界で生き残っていくんじゃないでしょうか」

©️文藝春秋

 数々のタレントを輩出したAKB48で最後の1期生となった峯岸。“人たらし”のスキルを駆使して15年間で積み上げたキャリアは、決して無駄にはならなそうだ。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z