昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『おかえりモネ』の百音も…今期のドラマで「社交的な陰キャ」が描かれる“2つの理由”

2021/06/15

 最近のドラマで注目したいのは陰キャの主人公である。彼らは行き先にモヤがかかったように途方に暮れた顔をしている。まず、朝ドラこと連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合 月曜~金曜 あさ8時~)。高校を出て働き始めた10代の主人公・百音(清原果耶)がいつも哀しい眼をしている。

 次に『コントが始まる』(日本テレビ系 土曜よる10時~)。お笑い芸人をやっている主人公・春斗(菅田将暉)とそのファン・中浜里穂子(有村架純)は30歳を目前にして人生詰んだような虚ろな瞳をしている。

『おかえりモネ』で主演を務める清原果耶 ©AFLO

 もう一作は、『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系 火曜よる9時~)。何不自由ない会社社長の40代を主人公にした洒脱な大人の喜劇のような雰囲気ながら、主人公・大豆田とわ子(松たか子)はブラックホールのように光を吸収してしまいそうな真っ黒な瞳をしている。

 これらの10代から20代、働き盛りの40代とまんべんなく揃った陰キャ。いずれも今の話で現代的な問題を描いている(『おかえりモネ』だけ2014年からはじまって、2019年までを描く予定)。コロナ禍もあってしんどい話は見たくない視聴者が多い今、なぜ、陰キャによる先の見えない物語が作られているのだろうか。

“哀しみ”を引きずる主人公たち

 もう少し各作品を細かく見てみよう。主人公が気象予報士を目指す『おかえりモネ』のモネこと百音は東日本大震災の時、地元・亀島にいなかったことに罪悪感を覚え、好きだった音楽も「なんの役にも立たない」と考えて手放した。そして高校を卒業すると、人の役に立てることをしたいと思い、島を出て自分のやれることを探している。

 お盆で実家に戻った時、家族喧嘩が起こり、それを止めた百音はその晩、自室でひとり涙する。だが、彼女がなぜ泣いているのかわからないとSNSで疑問を呈する声もあった。

『コントが始まる』に出演している有村架純 ©getty

 令和の今を舞台にした若者の青春群像劇『コントが始まる』の主人公・春斗は、コントグループ・マクベスのメンバー。10年やって芽が出ないため解散を目前にしている。ほかのメンバーは家業を継いだり、バイト先で社員になる可能性があったりと選択肢を持っているが、春斗だけ他の選択肢を見つけることができず、覇気のない態度をとっている。

 マクベスの熱心なファン・中浜はマクベスに出会う前、仕事も恋愛もうまくいかず1年間、廃人のように引きこもっていた。ようやくファミレスで働き始めるが、たまにお酒を飲みすぎて、外で別人のようになって激しくクダをまいたりする。