昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《愛子さまご成年を前に》眞子さまは小室圭さんとの結婚「生きていくために必要」佳子さまの就職…それぞれの“選択”

source : 文藝春秋

genre : ニュース, 社会

 2005年秋に紀宮さま(現・黒田清子さん)がご結婚によって皇籍を離脱され、皇室の内親王は、愛子さま、眞子さま、佳子さまのお三方となり、お小さい頃からの健やかなご成長ぶりを目にして、慶ぶ国民も多かった。これまでのお歩みを写真とともに振り返る。

学習院大学に初登校された愛子さま ©JMPA

◆ ◆ ◆

お三方が成年皇族として

 天皇皇后の長女・愛子さま(19)は今年12月に20歳の誕生日を迎えられ、成年皇族として公務に臨まれることになる。

1歳半の春、御所のお庭で。雅子さまは「皇太子さま(当時)に似たのか、おおらかな性格」と語られた 宮内庁提供

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)は16歳、次女の佳子さま(26)は19歳で初めての単独公務をこなされている。

2020年、佳子さまお誕生日に際してのご近影。お揃いのアップヘアにアレンジされた眞子さまと佳子さま 宮内庁提供
かつて、放課後は一輪車にのって手をつないで遊ぶ仲良し姉妹のご様子に、紀子さまは「見ていても大変楽しゅうございます」 宮内庁提供

 さらに秋篠宮家のご姉妹は公務に携わられながら、眞子さまは東大総合研究博物館特任研究員を務め続け、佳子さまは全日本ろうあ連盟に就職されることになった。