昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【問われるYouTuberのモラル】《顔は真っ青で出血も…》今泉佑唯が119番救急搬送 ワタナベマホトに目の前で手錠「もう本当に疲れた」

 6月23日夜、文春オンライン特集班は急事態宣言下の6月18日に人気YouTuber31人が集まって行われた「自粛破りの大パーティー」について報じた。

「このたびの当社クリエイターの行動につきまして、深くお詫び申しあげます。当社は、参加したクリエイターへの厳重注意を行いました。また、全専属クリエイターに向け、感染予防対策および責任ある行動について、引き続き指導してまいります」

 6月24日、人気YouTuberが数多く所属する事務所UUUMは「当社専属クリエイターの行動に関するお詫びとご報告」と題する文章を公式サイトで発表。同社所属の「水溜りボンド」のトミー、「アバンティーズ」のそらちぃ、ツリメらが同会合に参加したことについて謝罪した。また、同会合に参加していたあやなん、5人組人気YouTuber「コムドット」、関根りさ、古川優香らも自身のツイッターで謝罪した。

 若者を中心にカリスマ的な人気を誇るYouTuberだが、近年彼らが引き起こすトラブルが多発している。動画の再生回数を稼ぎたいYouTuberの迷惑行為が刑事事件に至ったケースもある。なぜ、彼らは“暴走”するのか? 今回、緊急事態宣言下での会合が明らかになったことで、改めてYouTuberの「モラル」が問われているといえるだろう。

 そこで文春オンラインでは、YouTuberが引き起こした「事件」の記事を再公開することとした(初出2021年3月19日、肩書き、年齢等は当時のまま)。

 ファンだった当時15歳の少女にわいせつな写真を送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで警視庁に逮捕された元人気ユーチューバー「ワタナベマホト」こと、渡辺摩萌峡容疑者(28)。渡辺容疑者は3月18日11時50分ごろ、湾岸署から送検された。

 3月17日の逮捕当日の朝、事態の急変を告げたのは一本の電話だった。

 渡辺容疑者と買い物に出かけていた婚約者、元欅坂46の今泉佑唯(22)の携帯電話が鳴って、「警察です。今から彼と共に自宅に戻ってください」と告げられたという。

婚約者の逮捕後、緊急搬送されていた元欅坂46の今泉佑唯 ©産経新聞社

「渡辺容疑者のスマホは警察に提出されているため、今泉の携帯に連絡があった。2人はその電話の後、自宅付近で警察と合流した後、マスコミを警戒しながら自宅マンションに戻った。それから1時間後、マンション内で逮捕された。室内に手錠の音が響いたときには、今泉は涙を流しながら崩れ落ちたそうです」(警察関係者)

「性的欲求を満たすために送らせた」

 取り調べに対して、渡辺容疑者は容疑を認め、「性的欲求を満たすために送らせた」「画像が流出したらまずいと思った」などと供述しているという。

警視庁に逮捕された渡辺摩萌峡容疑者(ワタナベマホト公式YouTubeチャンネルより)

「未成年を巻き込んだネットでのわいせつ事件は多発していますから、すでにユーチューバーによる告発で世間を騒がせていた渡辺容疑者の逮捕は大きな抑止力になる。警察当局としては、何としても大々的に逮捕したかった。

 この手の事件では、逮捕ではなく書類送検で済まされるケースもあるが、事前に警察に提出されていたスマホに、被害者少女とのやりとりや送られた写真が消去された形跡があり、証拠隠滅をはかっていたことが悪質だと判断された。さらに、渡辺容疑者のスマホには別の女性のわいせつ画像も残されており、警察は余罪がないか追及している」(社会部記者)