昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【問われるYouTuberのモラル】《釈放ワタナベマホト帰宅せず》白いワンピに大きなお腹で面会を重ねた今泉佑唯(22)が友人に告白した“結婚・出産へのホンネ”

 6月23日夜、文春オンライン特集班は急事態宣言下の6月18日に人気YouTuber31人が集まって行われた「自粛破りの大パーティー」について報じた。

「このたびの当社クリエイターの行動につきまして、深くお詫び申しあげます。当社は、参加したクリエイターへの厳重注意を行いました。また、全専属クリエイターに向け、感染予防対策および責任ある行動について、引き続き指導してまいります」

 6月24日、人気YouTuberが数多く所属する事務所UUUMは「当社専属クリエイターの行動に関するお詫びとご報告」と題する文章を公式サイトで発表。同社所属の「水溜りボンド」のトミー、「アバンティーズ」のそらちぃ、ツリメらが同会合に参加したことについて謝罪した。また、同会合に参加していたあやなん、5人組人気YouTuber「コムドット」、関根りさ、古川優香らも自身のツイッターで謝罪した。

 若者を中心にカリスマ的な人気を誇るYouTuberだが、近年彼らが引き起こすトラブルが多発している。動画の再生回数を稼ぎたいYouTuberの迷惑行為が刑事事件に至ったケースもある。なぜ、彼らは“暴走”するのか? 今回、緊急事態宣言下での会合が明らかになったことで、改めてYouTuberの「モラル」が問われているといえるだろう。

 そこで文春オンラインでは、YouTuberが引き起こした「事件」の記事を再公開することとした(初出2021年4月3日、肩書き、年齢等は当時のまま)。

 ファンだった当時15歳の少女にわいせつな写真を送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで警視庁に逮捕された元人気ユーチューバー「ワタナベマホト」こと、渡辺摩萌峡さん(28)が4月2日21時、東京湾岸警察署から釈放された。

ワタナベマホトの婚約者、元欅坂46の今泉佑唯 ©AFLO

 社会部記者が解説する。

「捜査の過程で、渡辺さんのスマホからは15歳少女とは別の女性の裸の画像も見つかりました。しかし、撮影されたその女性が名乗り出ることはなく、再逮捕には至らなかった。釈放は、勾留期限が満期となる4月6日になるとの見方が有力でしたが、調べが終わったため早まったようです」

保釈された渡辺さんを乗せたワゴン車 ©文藝春秋

「段ボール箱に隠れて逃走」

 釈放時、渡辺さんは白のワンボックスカーの後部座席に乗りこんで、逮捕の際と同じく、顔を伏せ報道陣から姿を隠して湾岸警察署を後にした。報道陣の追跡を撒くために、お台場付近の商業施設で車を乗り換え、自宅とは逆方面に車を走らせる徹底ぶりだった。

 今回のような彼のマスコミからの“逃亡”は初めてではない。婚約者である元欅坂46の今泉佑唯(22)との「交際開始当初も同じようなことがあった」と、2人を知る友人は語る。