昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

敏腕スカウトはなぜ強豪校の“2番手投手”に目を付けたのか? 新人スカウトが見逃した「意外なポイント」とは…

『ドラフトキング』第1話

©️クロマツテツロウ/集英社
©️クロマツテツロウ/集英社

 その年のプロ野球ドラフトで選ばれた選手のNo.1――その選手は後々、「ドラフトキング」と呼ばれます。だからこそ、スカウトの腕の見せ所は上位ではなく下位指名選手に現れるもの。イチロー4位指名、岩隈5位指名、掛布6位指名…。そんな数々の隠れた才能を見いだし、複数球団競合の1位指名選手を超える“キング”を生み出すプロ野球スカウトとは、一体どんな人間なのか? クロマツテツロウさんがそんなスカウトたちの戦いを描く『ドラフトキング』(集英社)より、第1話「2番目の男」を紹介します。

ドラフトキング 1 (ヤングジャンプコミックス)

クロマツ テツロウ

集英社

2019年8月19日 発売

 

この記事の写真(38枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー